FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.1 初旅常磐越 第6回 磐城浅川駅の木造駅舎
P1010435.jpg

続いての下車駅は、磐城浅川駅になります。
磐城浅川、14:03着。ここは木造駅舎訪問と町歩きを兼ねての下車。

P1010436.jpg

浅川は江戸時代から300年の歴史を持つ花火の里。

P1010437.jpg

磐城浅川駅(福島県石川郡浅川町大字浅川字本町西裏)
1934年開業。駅舎は駅開業時からの木造駅舎。
色使いが前回の東館駅に似てますが、水郡線沿線の各駅は同時期に
同じように塗られたみたいですね。

なお、この木造駅舎ですが、自分が訪問した2017年に老朽化を理由に
取り壊されてしまい、今は新駅舎となっているそうです。


P1010440.jpg

2017年度、一日平均乗車人員は173人。
簡易委託の有人駅で、ちゃんと窓口には明かりが灯っています。

P1010441.jpg

もともとは相対式ホームの2面2線だったようですが、今は線路が剥がされ、
片面ホームのみの1面1線となっています。

P1010445.jpg

浅川町の中心に位置する磐城浅川駅。
駅から真っ直ぐに駅前通りが伸びて行きます。
浅川町の人口は2018年10月時点で約6,500人、とのこと。

P1010446.jpg

淡いピンク色のカラーリングもなかなか悪くないですね。
塗られる前は、当然ながら普通の木の色だったようです。

P1010447.jpg

駅前通りの人通りはほぼゼロ。
古い商店が何軒か点々としていましたが、営業中の店舗は…?

P1010450.jpg

磐城浅川の滞在時間は39分間。
駅舎を見た後の残り時間で町を少し歩きに出ました。
次回は散策の様子をお送りしましょう…。




続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2241-71740717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)