FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.1 初旅常磐越 第12回 鹿瀬の町を歩く
P1010651.jpg

鹿瀬駅からは雨の中ですが徒歩移動になります。

駅前から鹿瀬橋で阿賀野川を渡ります。
暗くて分かりづらいですが赤い橋です。1953年架橋。以前は車も通る橋でしたが、
今は横に高規格の鹿瀬大橋が架けられたので歩行者用の橋となっています。

P1010655.jpg

足元はこんな感じでスケスケ。
ホントにここ車が通ってたんでしょうか…??

P1010658.jpg

鹿瀬橋を渡った先にあるこちらは阿賀町役場鹿瀬支所。
2005年に合併するまで存在した鹿瀬町の町役場だった建物です。

P1010660.jpg

鹿瀬タウンと書かれたマンホールは鹿瀬町時代のものでしょう。
鹿が描かれているのは鹿瀬だから?地名の由来に鹿が関係してるのか。

P1010661_20190114223702429.jpg

鹿瀬の集落の中を歩いています。
目的地は津川。鹿瀬駅から津川駅に行くならば阿賀野川を渡らずに右岸の道を進めば
最短距離で行くことができますが、町歩きも兼ねるため、遠回りになりますが
左岸の鹿瀬の町を回っている次第。

P1010662.jpg

ここは1日3便とかなり少ないですが新潟交通の路線バスが運行しています。
日出谷~鹿瀬~津川と繋いでいるので時間が合えば是非。
自分もこの後そのバスにお世話になります。

P1010671.jpg

歩いている集落内の道から隠れるように佇んでいた神社。
名前は失念。。。

P1010675.jpg

鹿瀬中学校跡。阿賀津川中学校に統合され、閉校した中学校です。
学ぶ鹿中、心かわす鹿中、たくましい鹿中。
多くの学生がここで学んでいた、そんな時代もあったことでしょう。

P1010677.jpg

鹿瀬の町並み。
雨のしっとり感が良い効果になっているかも…?

P1010686_201901142237170f4.jpg

集落を抜けて国道459号線に合流してしばらく歩くと国道沿いに麒麟山温泉の宿が数軒。
その中でこちらは廃業されたと思われる旅館でした。

P1010688_20190114223719ca9.jpg

松仙閣という旅館。調べると2011年に発生した水害が原因で廃業されたんだそうです。
渋い木造3階建て。今はただただ静寂に包まれ、自分のようなもの好きが
時折やって来るのみ、といったところでしょうか。

P1010689.jpg

松仙閣と渡り廊下で繋がっていた別館。もと料亭の建物だとか。
水害のせいか渡り廊下は土台だけが辛うじて残っている、といった状態でした。。。

さて、この松仙閣のちょうど前にある麒麟山温泉のバス停から、津川の町まで上述の
路線バスでワープを。全部歩いても良かったんですが、時間が怪しくなりそうだったので。
麒麟山温泉7:50発。今はダイヤが変わっているようなのでご注意を。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2247-5a1f9dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)