FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.4 京都八幡・背割堤さくらまつり
P1016703.jpg

続きましても昨年2018年の桜ネタ。
今回で桜ネタはひと段落かな…?

紹介するのは、京都は八幡市の淀川の背割堤にある桜並木です。
近年知名度が急上昇した感のあるスポットで、関西全域から大勢の花見客が
訪れる場所になっています。

P1016701_2019031821574640e.jpg

最寄りは京阪の八幡市駅。
見頃の週末、時間は10時台だったと思います。駅周辺は花見客で賑わっています。
ここから背割堤までは割と近く、歩いて1kmないくらい。

P1016623.jpg

背割堤の桜並木、遠景。
ここら一帯は淀川河川公園に指定されていて、ちょうど桂川・宇治川・木津川の三川が
合流して淀川になる場所で、背割堤は木津川と宇治川の分かれ目になります。
上の写真は八幡市駅側から木津川を挟んでの背割堤。

P1016632.jpg

約250本のソメイヨシノが約1.4kmに渡って続いていく様子は圧倒的。
そして週末の人出も圧倒的…(汗

P1016634.jpg

土手の上に木々が連なっていて、河川敷から全体を眺めるもよし、
土手の上に続く道で桜のトンネルを楽しむもよし。

P1016641.jpg

満開の桜のトンネル。
人出はすごいですけど、押し合いへし合いする程ではないのが幸い。

P1016647.jpg

対岸の八幡市駅付近。あちらの男山も桜スポット。
背割堤と男山(石清水八幡宮)を合わせて訪れる人も多いみたいですね。
今回自分らは背割堤だけですけど。

P1016659.jpg

平坦な河川敷は結構場所が埋まっていたので、土手の斜面にシートを広げて小休止。
でも意外と傾斜が急でしたね…。

背割堤は先が行き止まりの桜並木で、手前は混んでますが、先に行けば行くほど
すいて来ます。その分遠いのと、情報によるとトイレがないのも辛いところ。

P1016674.jpg

1970年代までは松並木だったのが、虫害のため、桜並木に変えられたものだそう。
1988年までは一般公開もされていなかったみたいですね。

P1016689.jpg

淡いピンク色に霞む桜並木。

P1016687.jpg

河川敷から見上げる土手の桜。
これだけ規模の大きな名所ですが、日本さくら名所百選には選ばれていません。

P1016680.jpg

八幡市駅側と背割堤とを結ぶ木津川御幸橋。
その先の鉄橋を渡る京阪特急。

午前中に現地入りして桜を観賞し、お昼頃には退散しました。
お昼になると更に多くの人達が駅から歩いて来てましたので、午後の方が混雑しそう。

知り合いにも勧められていた背割堤の桜並木への初訪問でした。
ちょうど満開でしたし天気も悪くなく、いい条件だったと思いますね。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2292-cf9aaa6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)