FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・信越編 第11回 南豊科駅から豊科駅へ
P1017201.jpg

続いて下車したのは、南豊科駅。13:59着。
窓口営業中の簡易委託駅になります。

P1017197.jpg

南豊科駅(長野県安曇野市豊科)
1926年開業。こじんまりとした感じの木造駅舎です。
2017年度、一日平均乗車人員は888人。
近くに豊科高校と南安曇農業高校と2つの高校があって利用者は多いみたいですね。

P1017204.jpg

建物財産標は…、昭和17年ですかね。
開業当初からの駅舎、という訳ではないようです。

P1017206.jpg

通り沿いの踏切脇に立つ駅舎。
駅舎は道路に対して横向きで、駅舎正面には車が1台入るくらいのスペースがあります。

P1017209_201905121134175d1.jpg

道路を挟んだ北側の線路沿いには細長い駐輪場が。
自転車は上述の高校の学生さんのものが多いんでしょうか。

P1017214.jpg

さて、南豊科駅からは隣の豊科駅まで徒歩移動です。
なんせ駅間距離が1kmしかない程の近さ。
全く気張ることなく歩けてしまう距離ですね。

写真は道中、県道57号線の交差点角にあった消防施設のもの。
成相消防組と彫り込まれた古い名板が掲げられていたのが印象深かった。
写真は取っていませんが、隣に火の見櫓も立っていました。

P1017217.jpg

小さなロータリー状になった場所に「開道記念」の碑。
かつての千国街道の宿場町だったとのことで、その開道記念なんですかね…?

ここまで来れば豊科駅はもう目の前。

P1017218.jpg

すぐに豊科駅の島式ホームが見えました。

P1017224_2019051211343397e.jpg

豊科駅(長野県安曇野市豊科)
1915年開業。駅舎は2010年に改築された新しい駅舎になります。
自分好みの「味」はありませんが、安曇野の雰囲気にピッタリな洋風なデザイン。

以前大糸線に乗った際、夜中の待ち合わせ時間を利用して駅舎だけ撮りに駅前に
出てきたことはありますが、ちゃんと明るい時間帯に拝むのはこれが初めて。

P1017226_201905121134340ce.jpg

駅前ロータリー越しに東向きに撮影。
真夏の空にモクモクとした雲。

P1017230.jpg

島式ホームの北寄りに立つ彫刻「裸婦立像」。
高田博厚氏の作品で、ひとつ前のロータリーの写真にも同氏の彫刻作品が2つ写ってます。
調べましたけど、特に豊科にゆかりがあるという訳ではないのかな…?
安曇野市立豊科近代美術館に多くの作品が展示されている、とのこと。

P1017232.jpg

行ったり来たりしているので、まだ松本から11.4kmしか進んでいないという…。

P1017235.jpg

続いては豊科14:30発の下り列車で、北上して行きます。
南豊科で下車してから豊科で乗車するまで実は31分しか無かったんですよね。
若干タイトだったかもしれません。。。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2344-57e28ab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)