FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・信越編 第12回 有明駅、再訪
P1017240.jpg

行って戻っての大糸線。
続いては豊科から乗って柏矢町、穂高ときて有明で下車。有明、14:39着。
ようやく少し進みますが、少しすぎますかね…。

島式ホームから駅舎へは構内踏切で。
駅舎前にある空間には過去には線路があり、単式ホームがあったんだそうです。

P1017243_20190520064022d2b.jpg

有明駅、再訪、という題名のとおり、下車するのは2度目です。

2012.12 年末帰省旅 第29回 夜の大糸線&篠ノ井線

前回は暗闇の中の訪問だったので、明るい時間に来るのは初めて。

P1017245_20190520064023996.jpg

リニューアルされた木造駅舎を持つ有明駅は、東向きなので午後は逆光(汗)

有明駅(長野県安曇野市穂高北穂高)
1915年に穂高駅から延伸された際に開業。
北アルプスの燕岳や中房温泉への玄関口としての機能を持ち、安曇野地区の中心駅
としてかつては優等列車が全て停車していましたが、現在は隣の穂高駅にその座を
奪われるかたちで、今は普通のローカル駅となっています。

2017年度、一日平均乗車人員は258人。

P1017246.jpg

駅周辺は住宅が中心で、商店がポツポツある感じでしょうか。
ワサビ店が気になります。

駅名は有明ですが、ここは北穂高という地区。
有明地区は駅から2kmほど西にあるみたいです。

P1017248.jpg

駅舎の建物財産標。ここも解読しづらいなぁ…。
昭和なので少なくとも開業当初からの駅舎ではありませんね。

P1017252.jpg

前回下車時にも撮影した、駅前の笹屋菓子店さん。
あの時は電気が付いてましたが、お盆前の土曜日の午後は閉められてました。。。

P1017256.jpg

後光差す(?)有明駅を撮影。眩しいこと眩しいこと。
駅舎撮影の旅で太陽の向きまで考えてプランを組む、というのは、まぁ無理ですね。

P1017263.jpg

有明駅からは隣の安曇追分駅まで、ひと駅分(1.5km)を歩いて移動。
大糸線と寄り添って並行する国道147号線を歩くだけの簡単なミッションです(?)

携帯ラジオでは夏の甲子園、北海vs神戸国際大付の試合が。
この時の北海の投手は、現DeNAベイスターズの阪口投手でした。余談です。

P1017265.jpg

安曇追分駅までもうすぐ、というところでちょっと気になる脇道へ。

歩いているうちに空は曇りがちに。
まぁ、暑いので直射日光がないだけでも有難いですけどね。
写真的には快晴の方が良いので、ちょっと複雑ですが。

P1017268.jpg

緑に覆われた道と、大糸線の踏切。

P1017271_201905200640582b0.jpg

踏切からはすぐそこに安曇追分駅のホームが見えていました。

P1017273_20190520064100d43.jpg

踏切の先の林の中には青嶋神社という神社が静かに佇んでおりました。。。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2345-1f1b101e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)