FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・信越編 第16回 稲尾駅と木崎湖の風景
P1017399.jpg

稲尾駅では素晴らしい駅名板が迎えてくれました。
海ノ口からひと駅戻って稲尾で下車。17:06着。

P1017402.jpg

信濃木崎と迷って稲尾下車に決めたのは、車窓から眺めた木崎湖が綺麗だったから。

P1017408.jpg

駅の脇の踏み切りを渡れば、田んぼの向こうに木崎湖。200mちょい。近いですね。

P1017410.jpg

稲尾駅はホームに待合室があるだけのシンプルな駅。
木崎湖に向かうホームなので、駅からもボーっと湖を眺められます。

P1017415.jpg

駅と木崎湖の間には建物らしい建物はなく、かなり開放的。

P1017420.jpg

木崎湖に突き出た木造桟橋。
湖の南岸にある木崎湖キャンプ場の桟橋がフォトスポットとしては有名かもですが、
小さいですがここにもあってラッキー。

時間があれば木崎湖キャンプ場に行くプランも考えたんですが、信濃木崎駅から
微妙に遠くて往復が難しかったので却下となりました。

P1017423.jpg

ここに桟橋があるのは、カヌーの基地っぽい施設(プレハブ?)があったのでその関係?
木崎湖は仁科三湖の中では一番開発された湖ということで、レジャーもいろいろあるとか。

P1017428.jpg

望遠レンズで撮った、南岸の木崎湖キャンプ場と、桟橋。(見づらい)

P1017432_20190520064427be3.jpg

自分はタイトな行程を組むことが多いんですが、ここでは比較的余裕があったので、
精神的にもリラックスして思うままに風景を楽しむことができました。

一点だけ、夕方になって曇天になってしまったのが悔やまれますかね。
晴れていれば湖面ももう少し鮮やかだったでしょう…。

P1017433.jpg

線路をくぐって東側へ。
ここも海ノ口駅と同様、駅前に国道148号線が走っていて往来はひきりなし。

P1017439_201905200644308e1.jpg

余った時間は待合室で駅ノートを眺めて過ごしました。
だいたいどこの駅ノートでもいますよね、画力の高い人。

稲尾17:57発の南小谷行き普通列車で再出発。

P1017457.jpg

途中待ち合わせがあった神城駅で駅舎撮影。
大柄な駅舎は1997年築。地元からの出資で建設されたものだそうです。

P1017461_20190520064433bb0.jpg

さて、初日の記事はこれにて終了となります。

この日の宿は、この5年前の2012年に一度宿泊した糸魚川温泉ひすいの湯。
日帰り温泉施設ですが、希望すれば朝まで滞在できる、というところ。

2012.12 年末帰省旅 第19回 糸魚川・ひすいの湯

最寄り駅は姫川なので、南小谷で一度乗り換えて終了のハズなんですが、どうやら
南小谷~糸魚川間で大雨になっていたようで、南小谷から先が代行バスということに…。
前に乗り残した南小谷~中土、頚城大野~姫川を潰せると思っていたんですが、
今回も果たせずで静かにガックリ。まぁ代行バスも貴重な体験ではあるんですけどね。

ひすいの湯は5年前とシステムが変わっておらず、無事に宿泊できました。
安曇追分駅近くのお店で買った惣菜で夕食にして、大広間で眠りにつくのでした…。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2349-fce2a5ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)