FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・北海道編 第23回 赤井川駅の風景
P1019287_201907232252356c0.jpg

列車は広い構内を持つ主要駅、森駅へと到着します。
駅の向こう側に見えるなだらかな傾斜は、駒ケ岳の稜線です。

P1019288.jpg

駅の海側にはカモメがずらり。

P1019294_2019072322523845e.jpg

森駅では6分間の停車時間がありましたが、ホームでは何かの撮影班がいたので
大人しく車内で過ごしました…。
まぁ、森駅にはこの後にもまたやって来ますので…。

P1019298.jpg

森駅からは駒ケ岳に沿って海沿いを大回りする砂原線(砂原支線)、そして駒ケ岳の西側
特急街道である本線の二手に分かれますが、乗っている普通列車は本線経由。

森から次の駒ケ岳(駅)までは標高差が大きく、蛇行して敷かれた線路を登るため
1駅なのに20分もかかるという…。

P1019301_20190723225241448.jpg

そして到着するのは、赤井川駅。
10:33着で10:45発。特急との待ち合わせで12分間停車です。

P1019305.jpg

駅前通りはこんな感じ。
600mほど進むと国道5号線に出てお店もあるんですが、駅前は秘境駅の趣き。

P1019307.jpg

片面ホームが2本の2面2線。
構内踏切でのアクセスは北海道で良く見ているタイプですね。

P1019310.jpg

赤井川駅(北海道茅部郡森町字赤井川)
1904年開業。1972年に無人化され、駅舎は1987年に改築されたもの。
一応木造駅舎のようですね。
小樽や余市の近くに赤井川村という村がありますが、そことは無関係とか。

P1019308.jpg

無人化された後に改築された駅舎内。
ベンチが4席ずつ、向かい合って配置されていました。

P1019312_2019072322525720f.jpg

駅舎にあった固定財産標には明治35年(1902年)とありました。
駅開業の2年前、ということは、開業時からの駅舎?
1987年の改築は改修レベルでベースは昔のままなのかも知れませんね。

P1019315_20190723225306970.jpg

構内に特急通過を知らせる案内が流れ、北斗が勢いよく駆け抜けて行きました。

P1019317_201907232253073d6.jpg

プチ秘境駅のような赤井川駅での12分間。
存分に楽しみました。。。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2389-c665762d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)