FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・北海道編 第33回(最終回) 雨の函館
P1019684.jpg

函館19:20着。
駅前に出てみると、なんとまさかの雨…。

この日はベタに函館の夜景を見ようと思っていたんですが…。
でもまぁ、時間も取ってあるし、折角来たから山には登ってみるか、ということで
函館山山頂へ向かう登山バスに乗り込みます。

函館山へはロープウェイで登るのが王道ですが、乗り場が駅から離れていること、
それにバス運賃が駅から400円と安いことからバスに決定。

P1019685.jpg

登山道を登る途中、雨でしたが函館の町明かりが綺麗に見えました。
走行中のバスからの撮影なのでブレブレ。

P1019688.jpg

そして着いた山頂はこの霧ですよ。。。
まぁ、香港駐在の時に来客をビクトリアピークからの夜景に連れて行くのに
天気の晴れ具合を見極めていたので、こういうことになるのは半ば予想してましたが。

P1019687.jpg

霧雨が降って寒いし何も見えないし、居ても仕方ないので、乗ってきたバスの
折り返し便に早々に乗り込みます。。。
一応、晴れてたらこんなんでした、という意味で上の写真を撮影。
いやぁ、ホント天候には恵まれないですよ、自分。。

P1019697.jpg

さて、下山するバスを、山麓のロープウェイ乗り場付近で下車し、雨の函館を歩きます。
お目当ての銭湯・大正湯に入るのが目的。

P1019699.jpg

結構普通に降り続く雨の中、山麓に沿って歩けば、次から次へと教会やら
レトロ建築が姿を現します。傘を片手に撮影するのもひと苦労ですよ。
上の写真はカトリック函館元町教会

P1019710.jpg

旧北海道庁函館支庁庁舎。

P1019716.jpg

旧函館区公会堂。

P1019719.jpg

そしてこちらがお目当ての大正湯…、って閉まっとるやないかい!
まさかの定休日とか。ちゃんと調べようよ自分…orz。

ちなみに創業は1914年。この建物は1928年築。
函館市形成指定建築物となっています。

さて、これでこの日風呂なしが決定しました…。

P1019720_20190803085820a3c.jpg

少し沈んだ気持ちで、最寄りの函館市電・函館どつく前電停へ。

P1019721.jpg

夜中の函館どつく前電停はシンと静まり返っていました…。
湯の川行きの電車で函館駅へと戻ります。
次は大正湯にリベンジしたいですが、湯の川温泉も行きたいなぁ。

P1019727.jpg

ちょっと場所が飛んで七重浜駅。
函館から道南いさりび鉄道(旧江差線)で2駅。

P1019728_20190803085825268.jpg

七重浜駅から2km弱、歩いて約20分、津軽海峡フェリー乗り場に到着。
函館0:30発の夜行便で青森へと渡ります。

青函連絡は、現在この津軽海峡フェリーと青函フェリーの2択。
運賃は青函フェリーの方が安いんですが、津軽海峡フェリーの方が綺麗(?)で
何より座席指定ができるということで、今回はこちらを選択。
なお、青函フェリーの場合は乗り場がもっと函館市内に近い別の場所になります。

P1019730_20190803085837272.jpg

こちらが今回利用したビューシート。真夜中なんで何もビューできませんが、
かなり倒れるリクライニングシートになっていて、しっかりと眠ることができました。。。
青函フェリーに比べると割高ですが、ピーク期でも4千円弱で席が確保できて
ちゃんと眠れるので、利用価値は結構高いと思いました。

それでは次回より夏旅・東北編へと切り替わります。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2399-20552e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)