FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・東北編 第7回 深浦の町を歩く
P1010011.jpg

終点・深浦12:14着。
こんなサボもそのうち見ることができなくなりそうな絶滅危惧種のひとつ。

P1010012.jpg

五能線の要衝、深浦駅。ここで運転系統が分かれます。
島式ホームから構内踏切で駅舎へ。

P1010016.jpg

深浦駅(青森県西津軽郡深浦町大字深浦字苗代沢)
1934年に開業。1963年に火事で駅舎が焼失、翌1964年に新駅舎完成。
今のカクカクな感じの駅舎はその当時のもの、でしょうか。
お色直しは近年施されたように見えました。

みどりの窓口有。2018年度、一日平均乗車人員は69人。
この当時は直営駅でしたが、2019年(今年)に五所川原駅の管理下となり業務委託駅へ。

P1010019.jpg

駅前を行く国道101号線。
基本的にはこの国道に沿って町が展開して行きます。

P1010022.jpg

裏手(山側)の道を覗くとこんな感じ。
深浦だけではありませんがこの辺は海岸段丘なんですかね。
五能線と国道沿いの平地は狭く、段丘を上がったところにも少し住宅地が形成されてます。

P1010035.jpg

こちらが深浦町役場。物凄い重厚ですよね。
深浦町は2019年時点の人口が約7,500人。

P1010027.jpg

役場の中に、マグステ食堂という食堂があるので、ここでお昼にしようと立ち寄りましたが、
盛況のためか店員さんに全く気付いて貰えず、時間がかかりそうだったので諦めました…。

P1010030.jpg

役場の駐車場あたりから入江になった深浦港を見ることができます。
対岸の段丘。やっぱり段丘の上にも住宅街がありますよね。

P1010032.jpg

深浦漁港。大間に負けない深浦マグロで有名。
古くはこの地形から津軽一の風待ち港として栄えた歴史を持ちます。
漁港近くに風待ち舘という施設があり、当時の歴史を今に伝えています。
(今回はそちらには行きません)

P1010038.jpg

マグステ食堂がダメだったんで、同じく役場近くにあったセイリングというお店へ。
夜は飲み屋になっているという結構雰囲気の良いお店で、アタリだったと思います。
頼んだのは深浦マグロ丼御膳(\2,000-)。大変おいしゅうございました m(_ _)m

P1010040.jpg

食後は駅へ帰還。
駅前角の商店で飲み物等を購入して、いざ。
次に乗る列車は、ここ深浦まで乗って来た列車と同じ。ずっとホームに停車したままでした。

深浦13:37始発の東能代行き普通列車。
ここ始発の列車なのでそうそう乗客はおらず、すいてて快適です。

P1010046.jpg

能代方面からやって来る快速リゾートしらかみ(青池編成)の到着を待って、列車は出発。
のんびりと五能線の車窓を満喫する列車旅のスタートです…。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2407-8945ff66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)