FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.8 夏旅・東北編 第24回 吹浦の町を歩く
P1010741.jpg

吹浦駅(山形県飽海郡遊佐町吹浦字上川原)
1920年開業。吹浦で「ふくら」。
ここは是非とも訪れてみたかった木造駅舎。
1919年竣工の、駅開業当初から現役の駅舎です。
記事を書いている今年2019年がちょうど100年ですね。

P1010752_20190901175056cd6.jpg

2008年に無人化。窓口はボードで塞がれて掲示板に。

ここは山形県ですが、羽後本荘駅管理の駅になっています。

P1010753.jpg

駅の自転車置き場は植物に侵食されつつありました…。
2007年度の一日平均乗車人員は102人らしいですが、データが古いですな。

P1010754.jpg

派手さはなく、いかにもな古さも感じさせない佇まいですが、その控えめな感じが好印象。
淡いグリーンのカラーリングもいい感じです。

以前は庄内交通バスの路線が酒田から伸びていたんですが、今は廃止されてますね。
遊佐町の町営バスで遊佐には行けそう。休日は運行してないっぽいですが。
あと仙台~本荘の長距離バスに吹浦バス停がありますが、それは駅前ではなさそうです。

P1010758.jpg

駅前の丁字路からは吹浦集落内を進む道へ。
カッチリ真っ直ぐではない、適度にクネクネした道が魅力的。

P1010762.jpg

吹浦では折り返しの6:52発の列車まで40分間の持ち時間。
あまり遠くへは行けませんが、集落の北にある鳥海山大物忌神社を目指して歩きます。

P1010767_201909011751507ef.jpg

道中で気になった畠中牛乳さんの牛乳受け。
山形の牛乳かな…、と漠然と思ってましたが、改めて調べると吹浦の牛乳屋さんでした。
駅前食堂の加登屋さんで販売されてるとの情報。
自分は知らなかったし、そもそも知ってても時間が早すぎて無理でしたね。

P1010770.jpg

駅から500m、目的の鳥海山大物忌神社に到着。
こちら出羽国一宮とのことで、社格の高さに驚きます。

P1010772.jpg

神社の近くの何気ない町並み。

P1010776.jpg

鳥居から振り返って吹浦の町並み。

吹浦は鳥海山の裾野が日本海に接するキワ、吹浦川(月光川)の河口に開けた港町
なんですけど、歩いたのが集落内だけなんで港町感は薄い、というか無いですかね。

P1010777_20190901175213baa.jpg

鳥海山大物忌神社は一宮だけに結構な規模。
でも見て回る時間は無いので表面だけをサラリと…。

P1010783.jpg

P1010785.jpg

駅への戻り道でネコの群れに遭遇してしまい、残り時間の大半を取られて
最後は駅へ大急ぎで戻る羽目に…。

そんなこの日一発目の吹浦散策となりました。。。



続く



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2424-f0b234b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)