FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.11 錦秋中国山地 第3回 吹屋・ベンガラの町並み~後編
P1014724_20191005050149101.jpg

吹屋歩きの後編です。
山間の集落らしく、高低差のある町並み。
緩やかな曲線、そして高低差は町に立体感を生み出す大切な要素かと。

P1014725.jpg

江戸時代後期のものと言われる旧片山家住宅。国の重要文化財指定。
片山家はベンガラの製造で財を成した豪商のひとつ。
内部公開もしているようですが、時間が早すぎる(7時半頃)ため開いてる訳もなく。

P1014728_201910050501528e8.jpg

メイン通りの北端になると道は枝分かれ。
そのまま進むとクランクして更に奥へ。

P1014731_201910050501540b6.jpg

これが吹屋の町並みの北の果て。
この辺はあまり観光客が入り込まないかも知れませんね。
飾り気の薄い、素朴な感じのする家並みでした。でもしっかりベンガラでした。

P1014734_201910050502033a3.jpg

車を停めた南の駐車場まで、再びメイン通りを歩いて戻るとします。

P1014737.jpg

吹屋ふるさと村郷土館の前にある、備北バスの吹屋バス停。
備中高梁駅からバスが1日3往復運行されています。

P1014738.jpg

「錦秋」と謳っておきながら初回からあまり紅葉の要素が無くてスミマセン…(汗

P1014739.jpg

やっぱり吹屋郵便局のあたりがメインなんだなぁ、と改めて感じました。

ポスター等ではこの通りをボンネットバスが走る様子が撮影されていますが、
まだ走る事ってあるんですかね?定期的にあるイベントか何かでしょうか。

P1014740_20191005050209bda.jpg

あと、吹屋の町並みを通りからではなく屋根か2階くらいの高さから撮影したような
写真をよく目にしていて、撮影場所が気になったんですが、どうやら一般客が
通常入れる場所ではないようです。

P1014750.jpg

車に戻って吹屋から北西へ移動開始。
少し走ると今度は急な下り坂へ。吹屋がピークにあるってことですかね。

P1014753_201910050502210fe.jpg

紅葉した山々に朝靄が掛かる光景。
ついつい車を停めて写真を撮ってしまいます…。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2445-465c0b33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)