FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.11 錦秋中国山地 第4回 成羽坂本・西江邸
P1014755.jpg

吹屋から坂を下ったところにあるのが坂本という集落。
行政区画では高梁市成羽町坂本。高梁川沿いの裏街道のような県道33号線の、
高梁市(旧成羽町)と新見市(旧哲多町)の境界近くになります。

備中高梁駅、新見駅それぞれから坂本への路線バスが運行されていて、
結節点の役割を果たしています。
路線バスを乗り継いで旅をするような番組でも使えるルートかも知れませんね。

P1014754.jpg

県道沿いにあった西江邸の無料駐車場に車を停めて、いざ西江邸。
県道からは写真の坂道を上って行きます。
西江邸は県道には面しておらず、この坂を登りながら裏手に回り込んだ先にあります。

P1014756_20191005050226c5c.jpg

小雨が時折パラついていました。時間は8時すぎ。

P1014757.jpg

まぁいつものことですが、時間が早すぎるので観光客が誰もいません。
表通りから西江邸までは数分ですが、結構坂が急だったりするので意外と疲れます。

P1014760_2019100505023876f.jpg

姿を現した西江邸。
ここはベンガラ製造で財を成した豪農商・西江家の住宅。
1704~1715年に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されています。

P1014762_201910050502399e5.jpg

見学時間は9時からなのでまだ開いていません。
(見学は要予約だそうです)
文化財ですが、今でも個人宅として使われている現役の建物です。

P1014763.jpg

吹屋周辺にはここ西江邸の他、映画『八ツ墓村』のロケで使われた広兼邸も
ベンガラ絡みの邸宅になりますが、今回見るのは西江邸だけにしておきます。

本来なら纏めて訪れた方が良いんでしょうけど、見残しがあっても良いかな、と。
それに西日本豪雨の影響で吹屋手前にある羽山渓が見られなかったのもあって、
おそらく再訪するであろうことを見込んでの判断です。

P1014766_20191005050242dcb.jpg

誰も来ない西江邸としばし対峙して、外観だけですがその姿を鑑賞しておりました…。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2446-1989f7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)