FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.11 錦秋中国山地 第18回 八重滝の紅葉
P1015231_20191013080644613.jpg

P1015236.jpg

P1015239.jpg

P1015243_201910130806588ab.jpg

P1015248.jpg

P1015249.jpg

P1015252.jpg

P1015253_20191013080712978.jpg

P1015254.jpg

P1015255_20191013080715de7.jpg

P1015263.jpg

P1015270.jpg

P1015282_20191013080725fc6.jpg

旅の2日目、まず紅葉スポットとして訪れた八重滝
掛合町入間、民谷川に続く渓流に合計8つの滝が続く景勝地です。
下流から猿飛滝、滝尻滝、紅葉滝、河鹿滝、姥滝、姫滝、八塩滝、八汐滝で計8つ。
八重滝は総称で、八重滝がある訳ではありません。

因みに同じ掛合町にある龍頭ヶ滝と合わせて竜頭八重滝と称されますが、
距離が10kmほど離れているのでセットにするのは微妙なような気がしなくもない…。

国道54号線から看板に従って民谷川沿いの細道に入り、400mほど進むと割と広い
駐車場があるので、そこに車を停めて散策します。
八重滝の最初の猿飛滝は国道から駐車場の間にあるので注意。

民谷川の渓流滝なのでほとんどは高低差がなく、ラストに控える八塩滝、八汐滝が最大。
水しぶきが飛ぶ迫力のある滝でした。滝の名前が2つ付いてますが、上段と下段
それぞれに名前が付いているだけなので、滝としては一体になっています。

紅葉という点では最初の駐車場から前半部分がピークでしたかね。
後半は紅葉は少なく、正直黙々と渓流に沿って歩くだけだった気がします。。。
駐車場から一番奥の八塩滝、八汐滝まで徒歩30分くらい。
戻りは急ぎ気味にせっせと歩いたんで、撮影時間を入れても往復1時間程度でした。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2460-ad884fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)