FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.11 錦秋中国山地 第28回(最終回) 備後八幡駅の木造駅舎
P1015565.jpg

P1015566.jpg

P1015567.jpg

P1015572.jpg

P1015573.jpg

P1015574.jpg

P1015577.jpg

P1015580.jpg

P1015582.jpg

備後八幡駅(広島県庄原市東城町菅)
1935年開業。1934年築の木造駅舎が残ります…が、事務所部分が解体されています。
周囲は民家はまばらな過疎地域で、一日平均乗車人員はここ数年ずっとゼロ。
こちらももと相対式ホームの2面2線でしたが、今は1面1線のみ。
ただ向かいのホームにもレールが残されている点が小奴可とは異なりますね。
(ポイントは撤去されているので本線とは分断されていますが)

夕方17時過ぎ、11月では明るさももう限界、ということで最後の訪問地となります。
駅周辺はホントに小さな集落で、菅簡易郵便局があるくらい。
国道からは近いですが、アクセス路は狭小で対向車が気になるルートでした。

駅舎横の紅葉が鮮やかだったのと、駅舎脇にある恐らくスギの実(?)と思われる
一見イモムシのようなものが駅舎前に大量に落ちていたのが印象に残りました。
(絵面的にどうかと思ったのでアップの写真は載せません…。
 最初の写真に写っているのがソレです…。)

備後落合、道後山、小奴可、備後八幡、東城と超過疎区間ですが木造駅舎が
たくさん残されている貴重な区間。こうして車での訪問にならざるを得ないのは
何とも寂しい点ではありますが、失われてからでは遅いですからね。
この旅で小奴可と備後八幡を訪れたことで、当該区間の木造駅舎は全制覇となりました。

このあとは大人しく東城インターから中国道、新見からは国道180号線を使って
一気に岡山へと移動して全行程無事終了となりました。

秋の中国山地を巡った2日間の旅、鉄分少なめと言いつつ意外とありましたね(汗)
気候条件に左右される雲海もちゃんと見れましたし、なかなかいい旅になりました。。。



スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2470-edb8e91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)