FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.12 年末帰省旅 第9回 可児川駅の木造駅舎
P1013539_20191110091638ad5.jpg

広見線車内でインパクトが強かった南知多ビーチランドのポスター。
御嵩から新可児を経由して引き続き名鉄広見線に乗ります。

P1013541.jpg

可児川駅(岐阜県可児市土田北割田)
1925年にライン遊園駅として開業。ラインとは木曽川の日本ライン下りを指します。
その後土田駅に改称、再びライン遊園駅に戻り、1969年に今の可児川駅となっています。
駅舎は開業当初からの木造駅舎。三角屋根に特徴的な柱を持っていますね。

P1013542.jpg

駅裏にあるのはKYB 岐阜南工場。
近くの沿線には大王製紙 可児工場もあり、工場が多いイメージです。

P1013544.jpg

駅前は丁字路になっています。上の写真は北北西に続いていく通り。
すぐ前に可児とうのう病院があり、処方薬局などもありますが、食料や雑貨を扱う商店は
見当たらず。(駅前に商店はありましたが現役ではなさそうでした…)

P1013549.jpg

広見線も新可児以西は特急も走る幹線。
可児川駅は特急停車駅でもあります。

P1013552.jpg

可児川駅を出た上り列車はすぐに可児川を渡るんですが、そこで気になる景観が。
えらくゴツゴツした地形。調べるとこの真ん中は島になっていて、鬼ヶ島というそうです。
そう言えば犬山から木曽川沿いに少し上ったところに桃太郎神社ありましたね。
凄まじいB級スポットで個人的に大好物でしたが、あそことこの鬼ヶ島が繋がるとは…。

↓ 当時の訪問記事
2009.3 犬山城下町とB級・桃太郎神社

というか、8年前の自分、記事にこの鬼ヶ島のこと書いてましたね…。お恥ずかしい…。

P1013554.jpg

列車は国宝犬山城を擁する犬山へと到着。
犬山城、名古屋勤務時代に来客がある度に連れて来たので結構な回数行ってます。
今回は犬山では時間は取っていないので乗り換えのみ。

P1013556.jpg

木曽川を渡る。

P1013558.jpg

名鉄犬山線の終点、新鵜沼駅で名鉄編は終了。
犬山線の終点ですが、線路はそのまま各務原線になって名鉄岐阜まで続くので
終点感は一切ございません。
これから岐阜に戻りますが、青春きっぷがあるので名鉄ではなくJRを選択。
各務原線は未乗のまま残されることになりました。

P1013561_20191110091658c4e.jpg

ここからJR。鵜沼駅。
2001年まで存在した名鉄・JR直通特急「北アルプス」はここ新鵜沼・鵜沼で高山線へ
乗り入れていました。当時使っていた短絡線が見当たらないと思って調べてみると、
もう使用されないので駅整備の際に撤去されたんだそうです。。。

P1013564.jpg

高山線も岐阜~美濃太田は比較的利用者数の多い区間ですよね。

鵜沼からは上述のとおり岐阜へ帰還。
岐阜では初日のラストイベントとして長めの町歩きを敢行したので、
次回からは岐阜散歩の様子をお送りします…。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2481-1f166fcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)