FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2017.12 年末帰省旅 第15回 上熊谷駅と永田駅
P1013760.jpg

3駅戻って熊谷の隣の上熊谷駅。7:35着。
片面ホームから裏手に見えるのは愛宕八坂神社。
すぐ隣に走る線路はJR高崎線。

P1013763_20191128233731a7a.jpg

ホームから駅舎へは構内踏切にて。

P1013764_2019112823373302d.jpg

上熊谷駅(埼玉県熊谷市宮本町)
1933年開業。最初は鎌倉町駅として開業しましたが、3ヶ月で上熊谷駅に改称しています。
近くにイオンや地元百貨店の八木橋百貨店などもあり、利用客は割と多いですね。
2017年度、一日平均乗車人員は338人。
駅舎の上を行く高架は、上越新幹線。

P1013766_20191128233734f2b.jpg

上熊谷駅前の通りの様子。

P1013769_201911282337365e0.jpg

まるで島式ホームのような上熊谷駅。
調べてみると、もともとは本当に島式ホームの1面2線でした。
1943年から1983年の40年間、ここ上熊谷から東武鉄道の熊谷線(妻沼線)が
存在していて、当時は共用のホームだったらしいです。

P1013773.jpg

上熊谷での滞在時間は8分間。
7:43発の下り列車で西へ。
駅めぐりの基本戦術である行って帰っての繰り返しで、この日も進めて行きます。

P1013791.jpg

上熊谷から6駅進んで永田駅で下車です。永田、8:00着。
ここは深谷市域なんですね。正直埼玉県は馴染みが薄くてあまりピンと来ません…。

さて、永田の次は小前田(「次はおまえだ」の案内は鉄道ファンにはお馴染みのネタ)に
なっていますが、2018年10月にふかや花園駅が開業しているので、
現在は表示が修正されていると思われます。

P1013777_20191128233747e8d.jpg

永田駅(埼玉県深谷市永田)
1913年の開業。シンプルな木造駅舎です。
どうやら2000年代に手が入ったらしく、駅舎が小さくなっている?とか。
今の姿で均整がとれているように感じますが、以前はもっと左側に長い駅舎だったようです。

P1013778_2019112823374906c.jpg

2017年度、一日平均乗車人員は261人。
新駅ができたので近年は利用者数にも影響が出てるかも知れませんね。

P1013783_20191128233750ad1.jpg

しっかり有人駅。というか今のところ下車した駅は結構どこも有人駅。
木造駅舎の宝庫、というだけでなく、硬券の扱いを続けているのも秩父鉄道の魅力です。

P1013788_20191128233812526.jpg

住宅街の中に佇む永田駅。

P1013785.jpg

ホームは広々とした印象。
片面+島式の2面3線、しっかりとした設備を持つ中堅駅といったところか。

永田からは戻らず、後続の西向き列車で移動です。
朝の時間帯は運転間隔が短いので重宝しますね。永田、8:19発。

P1013793.jpg

そしてこれが「次はオマエダ」
シンプルな面白ネタでした(笑)



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2487-75d7ce77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)