FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2008.9 マニアな秘境 深沢峡と五月橋
2008年9月の日曜、午後にふと思い立って春日井から車を走らせました。
向かった先は岐阜県瑞浪市にある、一部では有名な秘境。
常時通行止の酷道418号と合流する廃道・県道352号にかかる五月橋です。

中央道土岐ICで降り、国道21号を北上、鬼岩付近から枝道に入り、
旧中仙道だった県道65号線を東進、途中から分岐する県道352号へ。
YZサーキットの爆音を聞きながら北へと進むと、道が途絶えます。

ここからが廃道区間。車を停めて歩いて分け入ります。

P9232762.jpg

道が途切れるところには数台駐車可能なスペースがあります。
(瑞浪市衛生センターという施設の前)
駐車して車から降りると、今通過した場所にカマキリ発見。
必死に車に威嚇してました…。潰されなくてよかったな…。

P9232793.jpg

さて、廃道はこんな感じです♪
この反射板、そうとう長い間テカってないでしょう…。

こんなところを歩くのは物好きしかいませんね。
ただ、この先にある木曽川沿いは深沢峡という名前がついた峡谷。
ハイキングに来る人が…、やっぱいないですよね。はい、物好きだけです。

それにしても以前車が走っていたとは到底思えない廃れ方ですね。
廃道区間開始~目的の五月橋までは約1.5km。ちょうどいい散歩レベルです。
足元は結構危ない場所があるので自己責任にて。

P9232763.jpg

出ました、有名な廃屋いさまつです。
歩いて1km弱ぐらいのところに建つこの「いさまつ」は小料理屋跡。
この下には船着場があって、船での行き来もあったのは遠い過去の話です。

P9232787.jpg

P9232786.jpg

内部はこんな様子。木曽川・深沢峡の眺めが良さそう。

※隙間からカメラを突っ込んで撮りました。。。

P9232764.jpg

「いさまつ」から700mほど木曽川沿いに歩いて行くと、五月橋へ到着です。
廃道を突き進んで行くと現れる赤い橋。違和感が半端ないです。
ハイキングレベルの道になっているとは言え、かつての県道352号(大西瑞浪線)なので
橋があってもおかしくはないんですが、この橋、車両通行を想定してるとは思えません…。

P9232770.jpg

橋を渡ってみると、何と下はスケスケのグレーティング…。
水面までも結構な高さがあるし、周囲にひとけ無し。
恐らくメンテナンスなんてされてる訳もないでしょうから、恐怖です。
いきなり外れる可能性も無くは無い…。。。
まぁ無事に戻って来てるので結果的には全く問題なかったんですけどね。

ネットで見ましたが、ここをバイクで通過したツワモノもいるようです。

P9232771.jpg

橋の上からの風景。
この先に丸山ダムがあるので、ここらの木曽川はダム湖となっています。
何度も書きますが、ひとけが皆無なため、異様な静けさがあります。

数回前に記事にしたJR飯田線・小和田駅近くにある高瀬橋に雰囲気が似てますね。
まぁ高瀬橋は橋が落ちてしまってますが…。

対岸まで渡って見ましたが、道が更に険しさを増したのでこれ以上は進まず。
この先には殿堂入り酷道・418号の不通区間があるんですけどね…。

P9232778.jpg

引き返して「いさまつ」の下にある船着場から五月橋を遠望。
船着場へ下る道もまともではありませんでした…。

怪我をしたり遭難することもなく、無事に廃道歩きは終了です。

P9232799.jpg

戻る途中、廃道区間入口に程近い集落に神社があったのでちょいと寄り道を。
貴船神社という、どこかで聞いた事のあるような名前の神社。
写真はありませんが、結構立派なお社でした。
参道から見る里の風景が印象的。

P9232802.jpg

帰りに丸山ダム経由で八百津に抜ける県道366号で突然何かの遺構が出現!

長いトンネルを抜けてもうすぐ丸山ダム、という所にいきなり現れる煙突状の物体。
謎の建造物が醸し出す異様な雰囲気が最高です(?)
この建造物、宇宙と交信でもしそうな勢いですが、もちろん違います(笑)

P9232805.jpg

すぐ脇にある丸山ダムを建設する際に使用した骨材プラント?の遺構でした。
(近くに案内板がちゃんとありました)
コンベアで運ばれたコンクリート原料をサイズ別に仕分けて貯蔵する塔なんだそうで。
骨材散布塔という名前だそうです。全く馴染みがありませんが、勉強になります…。

そんなこんなで、この日曜の午後は思いつきで超ディープなものとなりました。


最後に深沢峡を紹介するウィキペディアのリンクを貼っておきます。
「現在は訪れる者さえ稀である」と言われてしまっています(汗)

⇒ 深沢峡 Wikipedia
スポンサーサイト





コメント

これまた凄い所ですね~~!!
不気味な廃墟と恐怖の吊橋・・・とても一人では行けません・・・
産業遺構の搭もカッコいいです!
[2011/08/27 21:31] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま

一般ウケはしない場所ですけどね~。
自分もさすがに一人では行かなかったでしょうね。
丸山ダムの骨材散布塔は発見した時かなり興奮しましたよ!
[2011/08/28 18:55] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]

20年程昔のこと・・・
こんにちは、はじめまして。
オフロードバイクを休日ごとに乗り回していたのは、もう20年程前のことでしょうか・・・。
ある日ある時、蘇水峡からR418で深沢峡へと向かいました。道が次第に細くなるし、荒れて来るしで、もう戻ろうかと思いましたが、深入り過ぎて、もう戻るに戻れませんでした。そこに現れたのが、この深沢峡の五月橋。バイクで渡って深沢へ出ようと思いましたよ。結局決断できず、止めました。付近に車道が登っていたので、それで十日神楽に出ました。貴兄の記事を読んでいて、そのくだりに出会った時には、思わず笑ってしまいました。
[2014/01/17 15:42] URL | float cloud #- [ 編集 ]

Re: 20年程昔のこと・・・
>float cloudさん

コメント頂きまして有難う御座います。
深沢峡あたりは20年前には既に廃れていたんですね。。。
自分が足を踏み入れなかった国道418号線からアクセスされたとは、
あそこは道と読んで良いのかわからないほどの道ですよね。
廃道状態だから酷道とも言えないのかも知れません…。
自分が訪れてからももう5年くらい経過しているので、既に懐かしい思い出になっています。
今もあの五月橋が健在であることを願いたいです。。。
[2014/01/19 21:48] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/254-9b5d0173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)