FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2018.5 因美但馬GW旅 第25回 養父大屋・大杉集落
P1018264_20200425180631ac6.jpg

筏集落からは下流へ移動しながら撮影して行きます。
続いて車を停めたのは、蔵垣集落。

P1018268_20200425180632868.jpg

蔵垣は筏に比べると土地が開けていて開放感があります。

P1018272_202004251806343d3.jpg

集落内に「かいこの里交流施設」がある、こちらも養蚕が盛んだった集落と思いますが、
歩いてみた感じではそこまで多くの養蚕農家は見られませんでした。

P1018274.jpg

大屋川の南側(右岸)の傾斜地に展開する蔵垣集落。
黒瓦の落ち着いた民家が多かった印象。

P1018275.jpg

また少し移動します。

P1018279.jpg

続いては更に下流にある大杉地区。
大杉は重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)にも指定されていて、大屋町域の
養蚕集落の中では中心的な存在と言えるのかも知れません。

P1018285.jpg

県道48号線から大屋川の向こう(北側)に見えるのが大杉集落。
伝統的なスタイルの3階建て養蚕農家が密集しています。

P1018286.jpg

大柄で立派な農家住宅が多いのが特徴。
さすが重伝建指定の集落といったところでしょうか。

P1018287.jpg

全国的に見ると3階建ての養蚕農家住宅というのは極めて珍しいようで、
それが旧大屋町の特徴ある集落景観を形成している、とのこと。
大杉地区内には27棟ある養蚕農家住宅のうち、12棟が3階建てだそうです。

P1018288.jpg

大杉も小さな集落なので、そんなに距離を歩くことはありませんが、その狭い範囲内に
見応えある住宅がいくつも現れ、とても内容の濃い散策が楽しめます。

P1018291_2020042518070328d.jpg

幸いこのあたりは雨は止んでくれていました…。
養蚕集落めぐりはこのあたりにして、また次を目指して移動開始です。
そろそろ日没時間が気になってくる時間帯。残された時間はもう多くありません…。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2610-d5edad40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)