FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2019.7 福山・松永の町並み~前編
P1012369_20200506181534bbd.jpg

P1012371.jpg

P1012372.jpg

P1012375.jpg

P1012376.jpg

P1012377.jpg

P1012381.jpg

P1012382.jpg

P1012393_20200506181612587.jpg

P1012395_20200506181614e1a.jpg

P1012397_20200506181624db8.jpg

P1012402.jpg

P1012404.jpg

福山市の西部、尾道市に境を接する松永の町を歩きました。
1966年に福山市と合併して消滅するまで、松永市という独立した市だった町。

古くは塩田が開けた場所で、明治から大正にかけて下駄づくりが盛んに。
生産量は落ちたものの、今でも下駄は日本一の生産量を誇るそうです。
そんな松永には、松永駅の南東の羽原川沿いに古い町並みが残っています。
かつて下駄の材料になる材木の運搬に使われたとされる羽原川に沿って見られる
支柱を立てて川にせり出して建てられた家並みが特徴的。

訪れたのがちょうど干潮の時間帯だったのであまり水上家屋感が出なかったかも…。
特徴的な風景は川の左岸(東側)に見られ、右岸側の川沿いに続く道から眺めるのが吉。
左岸の家並みの裏手に続く道沿いには、川沿いとはまた違った雰囲気の家並みも
楽しめる、1回の訪問で2度おいしい松永の町並みです。

この川沿いの風景を目当てにやって来ただけですが、歩いていると面白い裏道なんかも
発見して満喫してしまったので、紹介記事は後編にも続きます…。



続く


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/2618-499b7f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)