懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2009.3 赤目四十八滝 渓谷歩き
花粉真っ盛りの3月、三重県名張市にある赤目四十八滝へ行きました。
正直なところ、ここら辺は三重なのか奈良なのかいちいち調べないと分かりません(恥)

愛知からは西名阪道から名阪国道、上野で下りて下道を名張へ。
そんな近くはありませんが、週末に行くには良い距離かと思います。

赤目四十八滝(三重県名張市)
近鉄沿線を代表する観光地。約4kmに渡って続く滝と渓谷。
森林浴の森百選、日本の滝百選を始め、多くの「百選」に名を連ねる王道観光地。

昔からある昭和な観光地というイメージでしたが、行ってみるとイメージの通りでした。

現地へは昼頃到着。土産屋の駐車場に車を停めて、いざ渓谷へ。

P3013965.jpg

入口はこんな感じです。
赤目は天然記念物・オオサンショウウオの生息地としても有名で、
渓谷の入口にはオオサンショウウオが展示されてたりします。

P3013971.jpg

四十八滝を名乗るだけあって、道中は様々な滝が現れます。
こちらは迫力ある不動滝。落差15m。

P3013984.jpg

一番奥にある岩窟滝まで約4km、往復でだいたい4時間くらいかと。
歩くのが早い人は3時間ちょいかな?
上の写真は道幅がありますが、場所によってはすれ違うのも困難な危険箇所も。
道は基本的に一本道なので帰りは同じ道を戻ります。

P3013995.jpg

シャワーのような雨降滝に虹が。

四十八滝で滝が多い、と書きましたが、別に本当に48ある訳じゃありません。
実際は20くらい?48ってのは「多い」って意味でしょう。

P3013998.jpg

光り輝く渓谷。「白とび」とも言います(恥)

P3014005.jpg

赤目で最も有名な滝、荷担滝(読みは「にない」滝)
落差は8mと、そんなにはありませんが、二股に分かれて落ちる整った姿から
赤目随一の景観と言われるのは何となく分かる気がします。
実際一番見栄えが良かったと思います。

この後は一番奥の岩窟滝まで行ってから逆戻り。
荷担滝で引き返す人が多いらしく、荷担滝の先は人がガクっと減った印象。

P3014014.jpg

戻りはただひたすらに来た道を歩き続けます。
苔むした渓谷を眺めつつ。

P3014015.jpg

昼から4時間近くかけて歩きましたが、谷ということもあってか
最後はだいぶ薄暗さを感じましたね。
午前中から出て暗くなる前に戻るのが正解かも知れません。

正直なところあんまり期待せずに行った赤目四十八滝でしたが、
歩いてみて認識を改めました。すごく見応えがあるし、歩き応えのある場所です。

ただ、自分は花粉症ではないから良いんですが、3月に現地に行った時、
山の木々から肉眼で見えるくらい花粉が盛大に振り撒かれていたので
花粉症持ちの人は春は避けた方が無難かと思われます。



スポンサーサイト


コメント

ここは有名な滝ですよね。
片道4kmもあるんですか?! 歩きがいがありますね~!
普通の人で4時間なら、私は8時間かかりそうです・・・
行くなら朝早くから歩き始めなければダメですね。
[2011/12/21 22:45] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま

赤目は特に関西圏や名古屋圏で、気軽に行けるスポットとして有名です。
往復4kmで4時間は、撮影時間とか休憩時間を含んでますからね。
ものすごくゆっくりでも5時間あれば問題ないと思います。
有名で昔から知っていたんですが、何となく敬遠していたんですよね。
この時行ってみて、予想外に良い場所で驚きました。
[2011/12/23 10:09] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/345-225693e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)