懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2009.3 ミツカン半田工場見学と運河散策
無事にクリスマスの雲南旅行から帰還しました。
写真を整理しつつ、順次アップして行きたいと思ってます。

今回は前々回の師崎朝市の続き、になります。
知多半島の先っちょで朝市を見た後は、半島東側を北上して半田市へ。

半田市は知多半島の経済の中心地。
人口約12万、セントレア開港によって人口は増加傾向にあるとか。
古くから酒・酢・味噌などの醸造業が盛ん。
学校の遠い先輩になる新美南吉さん(「ごんぎつね」作者)の出身地でもあります。

P3084050.jpg

で、半田と言えばこれ、ミツカンです。
JR半田駅前に綺麗な本社ビルが建っていて、その裏手に古い木造工場が並んでいます。

ミツカンは博物館「酢の里」として、工場見学ツアーを実施してます。もちろん無料。
完全予約制なので事前にHPから要予約。
ガイドさん付の1時間の見学ツアーでは、写真もろくに撮らずにマジメに見学してました。

見学後には、ミツカン製品のお土産を無料配布(←これ嬉しい!)
自分達は黒酢に、おむすびやまを貰いました。

お酢だけかと思いがちですが、ミツカン製品は意外にあります。
おむすびやまの他、味ぽん、ほんてり、各種タレ、各種鍋のもと、
追いかつおつゆ、五目ちらし等のお寿司の元、あと金のつぶ(納豆)もそうですね。

http://www.mizkan.co.jp/company/csr/sunosato/
↑ 博物館「酢の里」のページ(ミツカンHP内) ※予約はこちらから

P3084062.jpg

ミツカン本社裏には江戸時代に整備された半田運河があり、
運河沿いには黒壁の倉庫・工場が並びます。

P3084054.jpg

黒壁に白いミツカンマークが映えますね。

P3084055.jpg

長年お酢を生産してきたこの運河一帯にはいつもお酢の香りが漂っていて、
それが「かおり風景100選」(環境省)に選ばれてます。

P3084057.jpg

青空が気持ち良い黒壁の道。

P3084059.jpg

同じく運河沿いにある、中埜酒造国盛・酒の文化館
半田の銘酒「国盛」の蔵元である中埜酒造は、元はミツカン(中埜家同族経営)グループ。
今はグループから外れてますが、ルーツは同じ中埜家。

こちらも予約制で酒蔵見学が可能ですが、この時は予約しておらず見学は断念。

P3084067.jpg

半田散策の後は帰りに温泉へ。
ちょっと知多半島の西側へ出て、「かんぽの宿知多美浜」へ向かいました。
ここは名前の通りかんぽの宿ですが、知多美浜温泉が湧出していて、日帰り入浴が可能。
知多半島の温泉は鉄分を含む茶色い湯が多い中、こちらは肌がつるつるになる重曹泉。
加水してるようですが、ヌルヌルはちゃんと感じられる良い湯でした。

写真はかんぽの宿の前から、伊勢湾の夕景です。。。


スポンサーサイト


コメント

運河沿いの黒い建物群は圧巻ですね~!!
ミツカンマークはカッコ良すぎです。
私もお土産もらいたい~

レトロな建物がたくさんある町並みもぜひ見てみたいし
半田の町はいつか行ってみたいです。
[2011/12/28 23:32] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさん

ミツカンの工場と倉庫群は写真映えするんですよね。
全く作られた感がない、自然な様子がまたイイです。
実はこのミツカン以外にも、市内を散策して赤レンガ倉庫みたいなのを
見たりしたんですが、悲しいかな写真が残ってないんです…(涙)
[2011/12/29 13:20] URL | ねじまきてつや #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/349-8daa4228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)