懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.12 雲南旅行記 第4回 老孟マーケットを歩く
12月25日(日) 9:30 老孟到着。

元陽棚田周辺の町では、各地でマーケットが開かれるのですが、
その開催日が曜日ごとなのもあれば、干支の日で決まっているのもあります。

因みに曜日ごとなのは、ここ老孟(日曜)、黄草嶺(金曜)、黄芽嶺(土曜)。
他はみな干支ごと。干支の読み方は説明を見ても分からないので諦めました…。
現地入りしてから、どこのマーケットがいつかを確認するのが無難でしょう。

PC259635.jpg

集落内の賑やかな交差点で降ろしてもらい、マーケット散策へ。
運ちゃんとは11:00に待ち合わせ。持ち時間は1時間半です。

最初に降りた場所は鶏・豚・犬などの食材エリア。
とは言ってもみな生きた状態で売られてます。
本当に食材としか見てないので扱いが虐待級で、撮影意欲が削がれました。
豚や犬の悲鳴で耳が痛かったので、ここは早々に退散…。

PC259648.jpg

マーケットは少数民族見本市さながら。
いろいろな民族衣装を見ることができます…、が、どれが何族かが分からない(汗)

PC259645.jpg

雲南省でよく見かける筒状のタバコ。水タバコだそうです。
少数民族の女性はよく働いてるところを見るんですが、男性はタバコを吸ったりして
サボってるイメージがあります…。日本でこんな状態だったら離婚ですね、離婚。

聞いた話では、日中戦争時代、この筒状タバコを持つ中国人を見た日本軍は
中国軍の新兵器かと警戒したとか何とか。

PC259651.jpg

何やら派手なバイクが蠢いてるな、と思ってよく見ると、
売り物か買ったものか、鶏さんたちが一杯括り付けられてました…。

PC259660.jpg

老孟マーケットに集まるのは、
ミャオ族・ハニ族・ランテンヤオ族・イ族・アールー族・タイ族
上の写真の方は恐らくハニ族。ハニ族の衣装は紺や緑系のシックなデザイン。

PC259663.jpg

マーケットで民族衣装が売られてました。
スカートなのはミャオ族やタイ族だったはず。
帰国して調べたところ、どうやらミャオ族の民族衣装っぽいですね。

PC259668.jpg

色合いやサイズを吟味するミャオ族(多分)の女性たち。

カラフルで珍しくて自分みたいな余所者は「おおー」となる民族衣装ですが、
実際に来ている女性達はどう思ってるんでしょうね。。
洗濯が大変?とか他の民族衣装に憧れたり?するんでしょうか。女の子は。

「民族衣装は自宅手作り」というイメージを何故か持っていた自分は、
マーケットで売られる大量の民族衣装を見て驚いていました。
まぁ考えてみれば、皆が皆自分で作る訳じゃないし。

PC259683.jpg

彼女はランテンヤオ族ですね。でかい帽子が特徴的。
一見してやはり思ってしまいますね、頭重そうだと。

PC259688.jpg

赤ん坊をおんぶしながら働く女性がたくさんいました。
こちらのおんぶ紐は、袋状ではないただのカラフルな布。
その左右上下に紐があって胸の前でクロスするように結んでいます。

PC259689.jpg

可愛い子供たち。多分ミャオ族でしょう。
赤ちゃんが装着しているのは中国全土でお馴染みの股割れズボン。

PC259710.jpg

マーケットに紛れてこんなの発見しちゃいました。
DSNLYて、母音が一個もありませんが。「米奇」は「ミッキー」を意味する中国語。
良い具合に適当な顔w どこかキュービックマウスを連想させますね。

きっと彼らには著作権云々の感覚は皆無で「何が悪いの?」って感じでしょうね。
まぁこんなド田舎までうるさく言わなくても良いかな、と思いますけど。面白いし。

PC259712.jpg

こんな感じで1時間半のマーケット歩きは終了。
再び運ちゃんと合流して、朝来る時に通った老虎嘴の棚田へと戻ります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/354-cb30f73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)