懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.12 雲南旅行記 第16回 建水古城~夜の風景
PC260217.jpg

馬市街で夕食、バスターミナルで翌日の切符を確保した後は、宿に戻るのみです。
すっかり夜になった建水・朝陽楼。門の前には観光客や地元の人で賑わってました。
あまりド派手ではありませんが、控えめなライトアップで好感が持てます。

PC260226.jpg

なんとなく…。串焼き屋さん、かな。
裏路地にあるお店で、看板が寂しい感じでした。

PC260227.jpg

翰林街は夜も人がいっぱい。小さな出店も出て活気があります。

PC260230.jpg

PC260236.jpg

来てすぐに歩いた書院街。夜はひっそり。

PC260240.jpg

ここも夕方に写真を撮った場所。朱家花園の前です。

PC260244.jpg

夜の臨安客桟は、キレイにライトアップされていて、ちょっと感動。

PC260249.jpg

赤い提灯がともる回廊を見ていると、半年前に行った福建土楼の姿が思い出されます。

http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/blog-entry-212.html
(当時の記事)

PC260252.jpg

素敵な臨安客桟の夜を満喫です。

さて、これにて旅の3日目は終了。3泊4日の旅は翌日が最終日、
昼まで引き続き建水を散策し、バスで昆明へと移動する予定…。




続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/366-92000b80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)