懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.12 雲南旅行記 第19回 線路歩きと建水駅
無事フィリピンより帰国しましたんで、中途半端になっている
雲南旅行記を引き続きアップしたいと思います…。
(もうすぐお終いです…。)

PC270359.jpg

線路に出た後は、いよいよ線路歩きです。
よくよく考えてみると、線路歩きの経験は無かったので今回が初です。
線路から見る踏切はいつもと違った感じに見えますね。

PC270366.jpg

平行する道路もあるんですけど、線路は地元の方々の通行路として使われてるようで。
枕木の幅が微妙に歩幅より短くてなかなか歩き心地は悪いんですが…。

PC270367.jpg

雲南省はあまり鉄道網が発達してないイメージ。
そもそも建水に来て線路を見るまで、建水に鉄道が来てること自体知りませんでした。
どのくらいの頻度で列車がやって来るのかも、何も知らない状態での線路歩き。
「列車が来たら避ければいいか」という感じで歩いていました。

PC270375.jpg

「線路脇で放牧すな」という、日本ではありえない?看板です。

PC270379.jpg

線路をぷらぷらと歩いていて、ふと左手を見るとこんなものが!
これはもしや駅?にしては線路とホームが離れすぎてますけど…。

PC270383.jpg

しっかりと「建水駅」と書いてありました。
突然目の前に現れた駅にかなり興奮気味です。

PC270386.jpg

紛れもなく駅なんですが、全くそれっぽい雰囲気がありません…。

中国の駅は結構厳重というか、気軽にホームにも入れない場所がほとんど。
列車毎に改札時間が設定されていて、それまでは待合室で待機して、改札後も
乗る列車が停まるホーム以外には立ち入ることはできません。
まぁ利用する人民の数が半端ないので自由にさせると混乱するからでしょうね。

でもこの建水駅、線路から辿り着けます。
それにホームから線路を挟んだ向かい側との抜け道のようになっていて、
地元の人々が次々と通り抜けて行きます。

PC270393.jpg

建水駅の表側へ出てみました。こちら建水駅駅舎。
人気が全然なく、打ち捨てられた駅、といった感じ。

PC270394.jpg

切符売り場ですが、勿論開いてません。
というか、wicketじゃなくてticketじゃなかろうか…。

PC270395.jpg

駅にあった時刻表。
「意外と本数あるじゃん」と一瞬思いましたが、上の表は昆明での乗換用時刻表で、
建水駅の時刻表は下段のみ。1日2本です。
しかも、行先は多分昆明だと思われますが、所要時間が24時間近いです…。
(8985次…16:10発、翌15:56着 / 8986次…10:42発、翌10:28着)

PC270398.jpg

うろうろしていると駅舎内に人がいたので、ちょっと話を聞いてみたんですが、
この建水駅、旅客の取扱いは10数年前に取止めになっていて、
今は1日1本の貨物列車がやって来るのみなんだそうです。
本当に捨てられた駅だったんですね…。
そんな駅にも常駐の駅員が残っているあたり、国営鉄道の中国らしいな、と思います。

PC270408.jpg

今は昆明~建水は高速道路で結ばれていて、バスでわずか3時間半。
24時間もかかる列車じゃどうしようもありませんね。

建水駅は役目をほぼ終え、市民の通り道、憩いの場?として余生を送っていました…。

PC270410.jpg

さらば建水駅。
思いがけず発見した遺構に終始興奮しておりました。。



続く


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/369-1f70c09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)