懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2009.6 醒ヶ井宿の梅花藻と養鱒場
2年半前、うちの息子が生まれる直前です。
長距離の散歩を目的に醒ヶ井まで行って来た時の写真です。
醒ヶ井は滋賀県になるんですね。滋賀県の記事は初です。

醒ヶ井と言えば養鱒場しか知らなかったんですが、中山道の宿場町が残り、
清水が湧く水路には梅花藻が咲くことでも知られているようです。
ちょうど梅花藻の見頃の時期だったのもあり、訪問を決めました。

P6205130.jpg

車を醒ヶ井駅付近に停めて「居醒の清水」まで徒歩約5分。
古事記や日本書紀にも登場する清水。平成の名水百選。
ここは加茂神社という神社になっています。

P6205131.jpg

居醒の清水は、醒ヶ井宿沿いに流れる地蔵川の源流。
この地蔵川に梅花藻が咲きます。

P6205140.jpg

そしてこれが梅花藻(バイカモ)の花。
清流にしか育たない水草です。名前のとおり、花が梅に似てます。

P6205142.jpg

地蔵川に沿って醒ヶ井宿の町並みが続きます。
休日で梅花藻が見頃の時期にも関わらず、そこまで観光客が集まっておらず
静かに散策できて良かったです。

P6205143.jpg

醒ヶ井宿にあった醤油屋・喜代治商店さんにて。

P6205144.jpg

地蔵川に沿って歩いて行くと、生活感漂う水路になって行きました。。

P6205145.jpg

宿場町の端にあった八百屋さんが安かったので…。
この後帰る前にここで買い物して名古屋へ戻りました。
枝豆が「技豆」に見えて仕方なかった…。



醒ヶ井宿を歩いた後は、ここから約4kmほど山の方へ入ったところにある
醒ヶ井養鱒場まで往復歩きました。臨月の嫁さんの運動のため…。

醒ヶ井養鱒場(滋賀県米原市)
1878年から130年以上の歴史を誇る、県立の淡水魚養殖・研究施設。
場内はかなり広く、大小80もある池にはニジマスやイワナ、アマゴのほか、
幻の魚と言われるイトウも飼育されている。

大人450円、大学生高校生250円
営業時間 8:30~17:00 ※年中無休

http://samegai.siga.jp/
↑ ホームページ

P6205149.jpg

P6205155.jpg

P6205154.jpg

ここで養殖しているニジマスなどはもちろん食用として出荷されます。
場内にはニジマスを出す休憩所があり、マスの養殖池を見ながらマス寿司を食べてみました。

存在自体が地味ということもありますが、訪れる人も多くなく静かな雰囲気。
古びた施設や休憩所など、なかなか昭和な香り漂う場所でした。
個人的には嫌いじゃないです…。

醒ヶ井駅からはバスが出てますが、そんなに本数がないので
片道4km程度、歩くのも十分ありかな、と思います。




スポンサーサイト


コメント

いやいやこれはどう見ても「枝豆」じゃなくて「技豆」でしょ~(笑)
[2012/02/14 22:51] URL | mam #LogKjSjk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>mamさま

そうですよねー。昔CMであった「小枝」(小技)を思い出しました。
[2012/02/15 01:30] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/385-745b2827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)