懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.9 広州訪問 第2回 沙面の町並み
タクシーで訪れたのは、広州市内は珠江沿いにある沙面という地区。

沙面は珠江沿いにある人工島。もともと珠江沿いの岸だった部分の周りに
運河を掘削し、人工的に島状にしてあります。
18世紀には外国商船との取引場所となり、長崎の出島のような役割を果たしてました。

アロー戦争後には、フランスとイギリスの租界地として設定され、
今でも当時の雰囲気を残した洋館がたくさん立ち並んでいます。

P9258191.jpg

P9258193.jpg

東西に長い沙面地区の中央部分には、沙面大街という大きなメインストリートが。
緑がキレイで落ち着く通りです。中国人だけでなく、欧米っぽい観光客も多いかな。

P9258194.jpg

P9258196.jpg

P9258197.jpg

P9258215.jpg

アモイのコロンス島と同じで、ここも結婚記念写真を撮るカップル多かったです。
旧租界地の洋風な町並ってのは共通してますからね、人気の撮影地っぽいですね。

⇒ コロンス島の記事はこちら

P9258227.jpg

こちらは中国らしい衣装のお二人。日本で和装するのと同じ感じなんだろうか。

P9258229.jpg

かつては「イギリス橋」と「フランス橋」という2本の橋だけが沙面と外界を
繋ぐのみだったんですが、今はいくつか別の橋が架けられました。
昔からある2本の橋は老朽化からか今は通行禁止になっています…。

P9258231.jpg

P9258232.jpg

沙面散策を終え、運河を越えて最寄の地下鉄一号線の黄沙駅の方へ。



続く


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/399-b0d7c542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)