FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2011.12 香港・粉嶺 龍躍頭文物径を歩く 最終回
さて、龍躍頭散策も今回で最終回にしたいと思います。

お昼から歩き始め、そんなに距離はないんですが集落散策したり
途中の公園で息子を遊ばせたりしていたら陽が傾いてきちゃいました…。

PC049506.jpg

錆っぷりが素敵なトタンのお宅。
外見で廃屋と決めつけてはいけないことは前の麻笏圍で経験したばかりです。

PC049510.jpg

木製の電柱も香港では珍しいかも知れません…。
こちらのお宅は半地下???

PC049512.jpg

ここは永寧村という地区ですが、どうやら古い家屋は姿を消しているようです。
だだっ広い空間になってますね。以前の様子は伺い知れません…。

PC049514.jpg

こういう案内板が頻繁にあるので迷うことはないですね。
別に文物径だから設置されている訳ではなく、この手の案内板は香港中にあります。

PC049530.jpg

最後に立ち寄った集落、永寧圍です。

PC049520.jpg

他のブログでは「新しい家が多くなっている」と書かれてましたが、
麻笏圍などに比べると古い家がまだまだ残っているように感じられました。

PC049521.jpg

PC049523.jpg

猫さん発見…!

PC049524.jpg

永寧圍の住所とポスト。好きな被写体です。

PC049525.jpg

そしてこれもいつも撮ってしまう洗濯物。。。

PC049526.jpg


この永寧圍の散策を終えて少し歩くと幹線道路に出ます。
龍躍頭文物径はその道路と交差して更に続き、2,3の集落があるようですが、
自分たちは時間も時間なのでここで終了としました。

マイナーネタでしたが、お付き合い頂いて有難う御座いました。。。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/408-30909b26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)