FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 桜咲く石州へ 第28回 桜咲く、川平駅
P4073343.jpg

松川の菜の花畑から車を走らせること数分、国道261号から分岐する県道221号へ入って
江の川を渡れば、次のお目当ての場所が見えます。

P4073346.jpg

三江線・川平駅(島根県江津市)
起点の江津駅から3駅目、1930年開業当初からの古い木造駅舎が残る駅です。
2009年度の一日あたりの乗降客数は10人。
これが1984年度は112人だったというのがかなり驚きです。25年で11分の1です。

P4073349.jpg

計らずも、ちょうど列車がやって来ました。
15:23発着の三次行き普通列車(429D)。

P4073362.jpg

利用者数は少なくても地元で大切にされていることが見て取れます。
キレイに保たれた駅舎に好感度もupです!

P4073363.jpg

ここ川平駅は桜の風景が有名な場所。
桜の時期になると、地元の方々の手で駅に提灯が飾り付けられます。

今でも十分にキレイなんですが、以前はもっとたくさんのソメイヨシノが
植わっていて、素晴らしい春の風景を作り出していたとか。
その桜も老化から一部伐採せざるを得なかったそうです…。

P4073365.jpg

P4073372.jpg

2007年には映画「天然コケッコー」のポスターの撮影地となり、
2008年には映画「砂時計」の撮影地となっています。

魅力的な石見の里の駅、川平。
本来ならば列車で訪れるべきなんでしょうが、いかんせん三江線のダイヤが
あれなもんで、車での訪問となりました…。



続く

スポンサーサイト





コメント

こんばんは。
三江線の川平駅!!
…が、レンタカーでの訪問ですか…。
ねじまきさんだけは信じてたのにぃ~(泣)

まぁ現実的にはそうなりますよね。
桜まつり的な提灯のカラフルさが何ですけど、
それ以外はやっぱ素晴らしい駅ですね。

ほかにも、跡市小学校をはじめ、
ツボおさえてるなぁ~って毎度感心しちゃいます。
[2012/06/01 02:10] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさん

ご期待に添えることができず、己の力不足を痛感している次第です(笑)
いやぁ、三江線途中下車の旅はかなり勇気と時間が要りますよ。
確か以前、3日間かけて全駅下車を果たした中学生のレポート見ましたけど、
あれくらい本気で取り組まないとダメなのかな~、と。

川平駅は素敵な駅でした。提灯も地元の方の愛のしるしってことで。
しばらく車旅になりますが、お付き合い下さいね。
[2012/06/02 07:18] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

三江線
中国地方の内陸部はほぼ未踏の地です。。。
こんな夢のような風景が残っているのですねぇ。
3日間でこれだけ充実した旅をされた素晴らしき計画性と行動力に感服します。
私なら超気合い入れて朝起きて7時出発が限度、それでも居眠り必至です。。(苦笑)
[2012/06/04 13:34] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]

Re: 三江線
>ぷにょさん

山陰地方には素晴らしい日本の風景が残っていて、今回の旅ですっかり魅了されました。
車でしかなかなか来られない場所ですが、今回行って良かったですね。

自分の場合、これから次の子供が生まれたりして自由に旅をする機会がほとんどなくなるので、
この春の旅行は最後のチャンス、というつもりでかなりプランを練りに練りました。
結果かなりのハードプランになってしまって、後から考えるとやり過ぎかな?と思う程です(汗)

4月は4週連続で旅をしたので、この山陰の旅の他、更に3つ旅行記が残ってますので、
追々記事にして行きたいと思います…。
[2012/06/04 23:08] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/446-9d9455df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)