FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 紀北小旅行 第4回 加太の町並み
P4144297.jpg

加太には社会人になってすぐの頃、一度夕暮れ時に車で通りかかったことがあります。
加太の海水浴場から眺めた友ヶ島の夕景がとても印象的でした。

ただ、その時には木造駅舎の加太駅や、集落に残る古い町並のことはよく知らず、
完全にスルーしてしまっていました。
まぁその時その時で旅の志向は変わるものだから仕方ないんですけどね。

P4144311.jpg

加太は淡路島の対岸にあたる地理的位置から、古くから船舶交通の要衝として、
また漁業の町として栄えていました。
今でも立派な漁港がありますし、釣り客もたくさん訪れます。
集落には釣りの案内の看板を出したお店を見かけました。

P4144315.jpg

加太には漁港と集落の他、駅から徒歩25分ほどのところに淡島神社という神社があり、
加太の町並みはここの門前町、という性格も併せ持っています。

P4144317.jpg

加太集落の中心地からやや南側を東西に流れる細い川(水路)がありますが、
これを渡って海の方へ歩いて行くと、旧街道の面影をよく残す古い町並が続きます。

P4144321.jpg

この通りはなかなか見応えがありました。

P4144322.jpg

何となく印象的だった五叉路にて。

P4144325.jpg

かなり暗くなって来てましたね。
通り沿いに点在する商店も店じまいです。

P4144330.jpg

この存在感のある建物は、吾妻屋シーサイドホテルの旧館。
今は使われていませんが、かなり年季の入った建物。
この薄暗い時間帯に一人で対峙すると、無言の圧力を感じます…(汗)

もうここは淡島神社の門前。右手に朱色の鳥居が見えてますね。

P4144335.jpg

いよいよ淡島神社に到着です。
神社の前には忘れ去られたかのようなコンクリートの無骨な観光センターが。。。
なかなかに不気味な雰囲気を醸し出してくれています。

もう時間は19時前、陽は沈んでますが、まだ空に青みが残る時間帯。
門前まで来たからには境内も見て行くとしましょう。


淡島神社のことをご存知の方は、「この時間帯に一人で行く場所じゃないだろ」と
思われることでしょう…。



続く

スポンサーサイト





コメント

この町には、3枚目の写真にある掛箱型のポストが似合いますね。
[2012/07/05 05:10] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま

確かに似合ってますね。
あまり知名度は高くないですが、いい町並みです。
[2012/07/05 10:35] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/475-aac1a436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)