懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 紀北小旅行 第5回 淡島神社と新町温泉
P4144337.jpg

淡島神社(和歌山県和歌山市)
全国に1000社近くある淡島神社、粟島神社、淡路神社の総本山。

上の写真は本殿ですが、両サイドに何かたくさん立ってますね…。

アップしてみると…



P4144339.jpg

これもんです。

暗くなる寸前、境内に一人っきりで大量の市松人形と対峙…((((;゜Д゜)))

P4144340.jpg

ここは人形供養の神社として有名なんですね。
境内には所狭しといろいろな人形たちで溢れています。

P4144341.jpg

後列の人形が一体、微妙にこっち向いてるのが嫌なんですけど…。

この時、周囲はかなり暗くなっていて、撮影大変でしたよ。
シャッタースピードが遅いのでこの人形たちとジッと向き合って…(汗)

P4144343.jpg

さすがに長居すると悪そうなので、人形さん達にお礼を言って神社を後にします。

P4144357.jpg

来た道を戻ります。
すっかり夜になった加太集落です。

P4144358.jpg

畳屋さんから漏れる明かりがキレイで撮った一枚。
見ごろはとっくに過ぎてますが、まだ桜が咲いてました。

P4144368.jpg

さて、そのまま駅に戻るつもりでしたが、駅の手前にこんな銭湯発見!
別に何も急ぐことはないので、この新町温泉に入って行くことにしましょう。

この正面の一般のお宅のような扉から入るのかと思いましたが、
ここはこの銭湯を経営されてる方のお宅でした。
「ん?」と思って建物の側面へまわると、ちゃんと暖簾がかかった入り口が。

P4144373.jpg

中は至って普通の銭湯でした。

P4144374.jpg

新町温泉という名前ですが、温泉ではありません。
まぁ銭湯では名前としてだけ「温泉」と付けるところは少なくありませんね。

でも加太にも温泉はありますよ。
淡島神社の近くに数軒温泉宿があって、泉質も悪くないです。
大阪から比較的来やすい場所というのも良いですね。

P4144376.jpg

広い銭湯の湯船で暖まった後、加太線に乗って和歌山市内の宿へと向かうのでした。



続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
コメントし損ねてましたが、淡島神社はキョーレツですね(笑)。
人形ひとつひとつはどれも美しい、姿の良いものばかりですが、
こうして集まってしかもこの時間帯だと…夢に出そうです。
[2012/07/09 02:03] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]


熊本にも淡島神社あったような気がします・・・
それにしても人形は生きてますね~、
真夏でも涼しくなれそうです(怖)。
[2012/07/09 21:20] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさま
コメント有難う御座います。
淡島神社の人形のことは知ってたんですけど、まさかこんな絶妙な時間帯の訪問になるとは…。
自分、基本的に結構ビビリなので「この画像は大丈夫なのか…?」と心配しながら取り扱ってますが、
今のところ大丈夫なんで大丈夫なんでしょう(笑)
[2012/07/09 22:09] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま
熊本の粟島神社は日本一小さな鳥居をくぐる所、でしたかね。
前回訪問時にちょっと寄ろうとしましたが止めたんでした。
こちらの淡島神社は壮観ですよ~。
一応心霊スポットとしても取り上げられるようですね。
ぜひとも明るい時間にお越しください(笑)
[2012/07/09 22:11] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/476-8a2a952f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)