懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 紀北小旅行 第9回 和歌山散歩~築地通りetc.
P4154486.jpg

つきじ横丁からは築地通りに出て北上します。
築地通りはアーケードと言うんでしょうか?古い屋根付きの商店街が続きます。

P4154488.jpg

この時は早朝散歩で静かなのかな、と思ってましたが、
廃業したお店も結構多いようです。

P4154491.jpg

夜になったらこの電灯に明かりがともるんでしょうかね。
その姿も見てみたい気がします…。

P4154499.jpg

通りの雰囲気は市駅前の通りに似てますね。

P4154502.jpg

そのまま歩いて市駅の近くまでやって来ました。
前方に見えるレンガ建築は、紀ノ川倉庫の赤レンガ倉庫です。
南海電車に乗って、大阪方面や加太方面から和歌山市駅に到着する直前、右手に見えます。
上の写真に写っているのは南海本線とJR紀勢線。

P4154503.jpg

歴史を感じるレンガ造りの倉庫と外壁が残ります。

P4154504.jpg

このレンガ倉庫は、1919年、和歌山紡績の紀ノ川工場の一部として建てられました。
和歌山紡績は戦時中の空襲で全焼、再建断念となり、その後焼け残ったレンガ建築を
紀ノ川倉庫が買い取り再利用しているそうです。

和歌山紡績の土地は紀ノ川倉庫と競輪場が再利用しており、
このレンガ倉庫のすぐ隣は和歌山競輪場となります。

P4154505.jpg

まっすぐ駅へ向かうつもりでしたが、線路沿いに香ばしい風景を発見。
そう言えば前日電車で何度か走った時も、市駅周辺は面白そうな古い家並みがあり、
ちょっと目をつけていたんですよね。

これは行かねばなりますまい、と、足は自然とその一角へと向かってました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

まだまだ昭和の風景が残ってますね~!?
和歌山はもっと都会のイメージがありました・・・

子供の頃よく見かけたバラックのお宅、
ちょっと懐かしく思いました。
[2012/07/10 23:24] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさん
和歌山は40万人近い人口を抱える町でありながら、
町の中心部の寂れっぷりは凄まじいものがありますね…。
一応住友金属と花王の存在が今の和歌山を支えています。
江戸時代には徳川御三家の一つだった和歌山城下町、今は寂しい感じです。。。
[2012/07/11 22:53] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/480-b20e3597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)