懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 因幡美作紀行 第19回 美作滝尾駅の木造駅舎
P4225575.jpg

滝尾駅口バス停は、美作滝尾駅の西約200mのところを走る県道6号線にあります。
県道と因美線の間は田んぼになっていて、県道から駅が確認できました。
田んぼの先に佇む美作滝尾の木造駅舎。とても長閑でいい風景です。
この時には風雨はほぼ治まっていました。。。

地図で見るとバス停から駅正面へはぐるーっと大回りすることになりそうですが、
行ってみると、田んぼ側から駅へと向かう小道があってかなり時間短縮。

P4225580.jpg

県道と線路の間の田んぼでは「田んぼアート」なるものが施されてました。
駅の方へ登ってから見下ろすと…、寅さん…!!でした。
向こうには「男はつらいよ」とありますね。あの裏側に「田んぼアート」と書かれてます。

P4225582.jpg

美作滝尾駅(岡山県津山市堀坂)
1928年開業で、今の素晴らしい木造駅舎は開業当時からのもの。
男はつらいよシリーズ最終作「男はつらいよ 寅次郎と紅の花」に登場していて、
駅舎の傍らには撮影の記念碑が立ってます。(上の写真の右端に小さく写ってます…)
駅前の田んぼアートが寅さんなのも頷けますね。

P4225585.jpg

傘つきの裸電球が素敵ですね。夜の姿も見てみたいです…。

P4225587.jpg

手書きの駅名標識の後ろには、別の標識が。二重になってたんですね。

2010年度、一日平均乗車人員は61人。意外と多いのか…?

P4225588.jpg

2008年に国の登録有形文化財となってます。

P4225589.jpg

駅舎内はまた素晴らしい姿をそのまま残してくれていて感動です。
この手荷物取扱所の看板がイイですね~。

P4225593.jpg

駅舎内には旅装のおじさんが一人。
列車が来るまでの間、しばしお話させて頂きました。

もともとこの滝尾出身の方で、一度は東京に出るも、年老いたご両親の面倒を見るべく
滝尾に戻って来たという経歴の持ち主。
この時は親戚に会いに東京に出るんだと仰ってました。
滝尾から岡山に出て新幹線に乗るんだそうです。

P4225594.jpg

昔の滝尾がとても賑やかだった話。
滝尾にも学校がいくつかあって、子供たちが利用する因美線の本数も
今とは比べ物にならないほどだったとか。

P4225600.jpg

まるで博物館のような美作滝尾駅。
地元の方とのお喋りもできましたし、印象に残る訪問となりました。

9:13発の津山行き普通列車に乗り、因美線もラストスパートであります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

登録有形文化財にふさわしい演出をしている駅ですね。

手荷物取扱所、今では看板が当時のシステムを伝えています。かつてはほとんどの有人駅で、携行品の一時預かりをしており、荷物が多い旅の途中下車に重宝していました。

[2012/08/30 20:49] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま
美作滝尾駅は正統派文化財?ですね。
手荷物取扱所の看板は駅巡りをしていると時折目にするんですけど、
さすがに現役時代は知りませんね…。
今からだと考えられませんよね、ほとんどの駅に駅員さんがいて手荷物の取扱いをしていたなんて。
[2012/08/31 00:41] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

今も記憶に残る名駅
こんばんは。

私も以前訪問して駅紹介の記事を書きましたけど、2回に分けないといけないくらい、充実した訪問になりました。
http://blueribbon3737.blog87.fc2.com/blog-entry-510.html
http://blueribbon3737.blog87.fc2.com/blog-entry-511.html
まさに、この駅は木造駅舎としては最良クラス、博物館並みの駅ですよね・・・。

私も訪問した時は、地元の人にいろいろ聞かせてもらいました。
この付近は、気さくな人たちが多いですね。
こうしたお話も、旅の楽しみの一つです。
[2012/08/31 01:45] URL | LM #- [ 編集 ]

Re: 今も記憶に残る名駅
>LMさま
ここは期待して訪問しましたが、その期待以上の素晴らしい物件で感動しました!
自分はいつものことながら駆け足訪問でしたが、確かに2回以上の記事になる場所ですよね。
いつかは「魅力的な木造駅舎でゆったり過ごす」という夢?を実現したいなぁ、と(苦笑)

ブログ記事拝見しましたが、広角レンズデビュー戦だったのですね。
駅舎内全体の写真は、自分の場合先客がおられたので撮影自粛したため、
ストックにもありません。そこがちょっと残念。
あと、ホームに「みうら/たかの」という手書き?のボードがあったんですね、
これも見落としてました…。やっぱり急ぎの訪問では限界がありますねぇ。。。
[2012/09/02 11:54] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/525-9e6049f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)