FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 因幡美作紀行 第20回 津山駅と町並み散策
P4225608.jpg

9:31、終点津山に到着。これにて因美線の旅は終了です。
正式には因美線は津山の一つ手前の東津山までですけどね。
列車は全て津山まで乗り入れます。

津山では岡山行き9:38発の快速ことぶきが発車を待っているところ。
美作滝尾で話したおじさんもこれに乗り継いで行かれました。

P4225609.jpg

津山駅は4方向へ線路が伸びる要衝の駅。島式ホーム2本の計4番ホームあります。
ホームの上屋の雰囲気など、とてもイイものがありましたね。

P4225610.jpg

駅構内、ホームの西側を見ると、大きな扇形車庫が。
ここは京都の梅小路に次ぐ規模を誇る扇形機関庫が現存していて、
春から秋にかけての週末には一般公開もされているようですね。(要予約)
自分が行った週末はちょうど公開日ではなかったようです。

今度は公開日にちゃんと申し込んで息子を連れて行ってみたいですなぁ…。

P4225620.jpg

津山駅の駅舎は昭和のもの、でしょうか。
駅は1923年開業。智頭急行が開業するまでは岡山と鳥取を結ぶ急行が行き来する
中国山地でも最大級のターミナル駅だったのですが…。
今は優等列車はなくなり、ちょっと寂しい感じです。

P4225618.jpg

駅前に立つ銅像は、箕作阮甫(みつくり げんぽ)という江戸時代後期に
活躍した蘭学者とのことですが、すいません、全然知りませんでした…。

P4225621.jpg

津山には古い町並みが残る地区があるので、そこまで歩いてみることにします。

駅前は時代に取り残されたような小さなビルが立ち並んでいました。
そのうち再開発とかされそう。それにしても上の写真の落書きはどうやって書いたんだろう。

P4225622.jpg

駅から北へ歩くとすぐに市内を流れる吉井川を渡り、町の中心部へ入ります。
通りは「ごんご通り」という名前がついてました。
「ごんご」とは津山で「河童」を指す言葉だそうです。
そう言えば美作加茂から美作滝尾まで乗ったバスも「ごんごバス」でしたね。

P4225628.jpg

ごんご通りに入って少し歩いた京町交差点を右へ曲がると、古い町並みが長く続きます。
津山城下の旧出雲街道で「城東町並み保存地区」となっています。
まずは京町の町並み。

P4225629.jpg

単純な真っ直ぐではなく、若干鍵型になってるのが面白いですね。

P4225633.jpg

ここはまだ観光客が目的地として来る場所ではないのかも。。。
城東地区として有名なのはもうちょっと先の方ですからね。
でも、古くて落ち着いた良い家並みだと思います。

P4225636.jpg

津山城の石垣と、鯉のぼり…。
今回は津山城は素通りで、城東地区の町並み散策を続けます…。



続く


スポンサーサイト





コメント
津山
津山、私も先週末行ってきたんですよ。ねじまきさんの記事をちらっと見て、
あぁ津山も駅舎が素敵だなぁと思って。
そしてそのあと姫新線で帰ってきたのも同じです(笑)。そちらはまだ記事を
みてなかったから偶然ですけど美作江見駅も降りましたよ。
津山は約1時間半の滞在でしたが、津山城もよさそうだし予定変更して
今日は津山沈没にしようかと一瞬考えたんですが、姫新線の駅も危ういからなぁと。。。
次回と思ったらなくなっていた、ということがありがちですよねぇ~

[2012/09/13 01:18] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]

Re: 津山
>ぷにょさま
コメント有難う御座います。
津山はお城も見ると一日コースですよね。
扇形車庫の見学もしたいし、再訪したい町です。
美作江見にも下車されたとは、奇遇ですね(笑)
近頃は全国で古い駅舎が改築されてますからね、木造駅舎訪問は急ぐに越したことはありませんね。
[2012/09/13 23:29] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/526-01a7beb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)