懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 因幡美作紀行 第23回 平福の町並み 前編
P4225726.jpg

姫新線を引き続き東へ向かいます。
上月駅(こうづき)からは再び兵庫県に戻ることになります。さらば岡山県。
意外と立派な上月駅の駅舎には佐用の特産物直売所が併設されているそうな…。

P4225729.jpg

上月を出て佐用川を渡ります。
しばらく走ると上郡からやって来た智頭急行線と合流。そのまま終点の佐用に到着です。

P4225735.jpg

13:27、佐用着。乗ってきた列車はそのまま折り返し13:38発・津山行(2829D)に。

佐用駅(兵庫県佐用郡佐用町)
1935年開業、1994年に智頭急行が開業してからは山間の乗換駅となってます。
駅名は「佐用駅」で「さよ駅」なんですが、町名は「さよう町」と読むそうです。
もともとは町名も「さよ町」だったそうですが、1955年周辺町村と合併した際に
何故か「さよう町」になったんだそうです。

P4225736.jpg

佐用からは智頭急行に乗って少しだけ寄り道します。
まぁ次の姫新線の乗り継ぎ列車が14:36発で1時間以上も間隔が空くので、
その隙間を使って行ける場所へ。

P4225741.jpg

佐用から一駅だけ北上し、平福にやって来ました。
(佐用13:32発 → 平福13:37着)

P4225742.jpg

平福駅(兵庫県佐用郡佐用町)
1994年、智頭急行線開通と同時に開業。
屋敷風と表現される結構立派な駅舎がありますが、待合スペースがあるのみ。
無人駅で駅構内へは駅舎の中は通らずに、駅舎右手からアクセスします。
木造っぽい駅舎ですが木造でしょうか…?
智頭急行線は開通してまだ18年、古くて味のある駅舎とは無縁ですよね。

P4225744.jpg

平福は旧因幡街道の宿場町として栄え、今でも往時の面影を残す町並みが見られます。
上の写真は佐用川沿いの家並み。平福を代表する風景と言えます。
窓の小さな土壁?が、何となく中国の集落に似てるような気がしました。
ちょっと日本っぽくないというか…。

P4225751.jpg

平福には13:37に到着後、14:23発の列車で佐用に戻るまでの46分間の滞在です。
これで佐用からは14:36発の列車に乗れるんですよね。
短時間の訪問ではありますが、我ながら隙間の時間を上手く潰すプランだな、と自画自賛。

P4225755.jpg

「因幡街道」や「ひらふく」と書かれた提灯がところどころに掛けられていて、
若干観光地化された感があるかな?とは思いましたが、いかんせん知名度が低いので
観光客が多くてうんざりすることもありませんね。
宿場町のすぐ近くを走る国道には道の駅「ひらふく」があって便利。
ここも列車よりは車で来られる方が多いんでしょうね。

P4225757.jpg

牛乳受け。なんとなく。

P4225758.jpg

引き続き平福の町並み歩きになります。



続く


スポンサーサイト


コメント

こんばんは。
お!平福行かれたんですね。
昨年の智頭急行線の沿線ぶらり旅で
智頭に次いで良かったのが平福だったので、
ご紹介した甲斐がありました(できてね~って!)。

姫新線からの寄り道プラン、確かにグッジョブ!ですね。
僕はちょうど昨年の今頃だったので汗だくで歩いてましたが
ねじまきさんの春の平福、続きが楽しみです。

ところで、佐用の呼びで似た話ですが、
京都の西院にも、阪急の駅は「さいいん」で、嵐電は「さい」
ってのがありますよね。
[2012/09/06 03:20] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>Kyo-toさん

コメント有難う御座います。
やっぱりKyo-toさんの言っていた旧街道って平福のことだったんですね!
ちゃんと読み取って訪問してますよ~(嘘)

ここは川辺の風景や街道沿いの家並、老舗醤油屋さんなど見所たくさん、
散策するにはちょうどいい町でした。
今回はあいにくの天気でしたが…。

京都の西院の件はすいません、初耳でした。
まだ京都は手つかずのエリアでして…。この豆知識、覚えときます!
[2012/09/07 01:14] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

平福
智頭急行に乗っていると必ず目を引く風景ですね。私もいつか降りてみようと思いながら、
降りてみたい駅がいっぱいありすぎて忘れてました・・・(汗)
しかしいいですねぇ。蔵が白壁でなく黄色い土の肌なのが中国っぽいイメージですよね。
姫新線の乗り継ぎ時間で46分か・・・もう少しゆっくり滞在してもよさそうだなぁ。
[2012/09/13 01:30] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]

Re: 平福
>ぷにょさん
平福は日帰りで行くのには良い距離だと思います。
あまり期待せずに行ったんですが、思いのほかいいとこでしたよ。
おっしゃるとおり、壁の色が中国っぽいのかもしれません。
滞在46分は、まぁ短いですよね。1時間以上は欲しいかな。
町の規模はそんな大きくはないので2時間は持て余しそうです。
[2012/09/13 23:34] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/529-b2db081e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)