懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.9 秋旅大分 第11回 由布川峡谷~猿渡口
P9221560.jpg

湯平からは国道210号線を東へ向かい、小野屋駅あたりから県道52号線に入り、
針路を北へ変えます。上の写真は小野屋駅周辺の町並み。

最初に向かうのは由布川峡谷です。
由布川渓谷とも呼ばれ、どっちが正しいかよく分かりません。
自分は由布川峡谷で統一したいと思います…。

P9221563.jpg

由布川峡谷は大分川水系由布川の上流、由布市挟間町と別府市にまたがる
深さ15~60mの大峡谷で、約12kmの峡谷に40以上の滝があります。

そんな由布川峡谷には由布市側の「猿渡」と別府市側の「椿」という2つの入口があります。
どちらにも無料駐車場がありますが、どちらも僻地にあります(笑)
離合困難な山道に控えめに設置されている案内板に沿って、最初にやって来たのは
由布市側の猿渡口でした。。。

P9221567.jpg

深い峡谷なのでかなり川まで下りるのはかなり大変な道のりになります。
まぁ本当に大変なのは上りですけどね…。
でもこの猿渡は椿よりも勾配が急な階段を上り下りしなければならず、危険度は高いです。
また、上の写真のように、谷底の川へダイレクトアクセス(汗)

ここは危険だったので、写真を撮るために自分だけ谷底まで下りました。

P9221572.jpg

谷底には緑の世界が広がっておりました。感動。

P9221574.jpg

この光景、ネットで見てから憧れてたんですよね。
ずっと機会を伺ってたんですが、今回訪問できて良かったです…。

P9221575.jpg

上のほうには橋が架かっています。
実は駐車場から谷底まで下りる前にあの橋を渡るんです。

P9221576.jpg

実はここ、夏場には水遊びをする子連れの方々多いらしく、結構賑やかだとか。
9月も末となると、薄暗い谷底はかなりひんやりとしていて、とても泳ぐ感じではありません。

この時、観光客は自分以外には老夫婦一組と若い女性2人組。計5人だけで静かなもんでした。

P9221588.jpg

谷底に遊歩道などは整備されておらず、椿口まで行こうとすると、
冷たい水に胸までつかる事になるようですね。ちゃんとした装備が必要です。
ネット上には、一種のスポーツとして?由布川峡谷を歩いている方々の記事が結構ありますね。
冷たい水につかりながら長距離を歩くのはかなりの体力を要するようです…。

P9221589.jpg

ひと通り写真撮影を終えて駐車場へと戻ります。さっきの橋の上からの一枚。
階段から見るとそのまま川の中!って感じでしたが、実はそうじゃないんです…(笑)

いやぁ、それにしても疲れました。
高低差50mくらいあったんじゃないでしょうか…?

次はもうひとつの入口、「椿」へと向かいます。
椿は道が険しくないので、全員でアタックです!



続く

スポンサーサイト


コメント

由布川峡谷、神秘的な景色の場所ですね。

こういう場所はいつまでも自然のままで残して欲しいと思います。
[2012/10/23 04:57] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

こんにちは。
いつも楽しく拝見させていただいております。
九州に住んでいながら、ここは全く知りませんでした。
素晴らしい景色ですね!
来年の夏に行ってみようかな。
[2012/10/23 09:00] URL | univ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま
幸いあまり知名度も高くなく、険しい場所なのでそこまで大きく環境が変化することもなさそうです。
自分は入口付近しか見ていませんが、ちゃんと防水の装備をして歩けば更に神秘的な光景に出会えますよ!
[2012/10/24 00:25] URL | ねじまき #- [ 編集 ]

Re: こんにちは。
>univさま
拙いブログではありますが、ご訪問頂いて感謝の雨あられで御座います!
やはりあまり有名ではないのですね。
真夏にはひんやり気持ちよくすごせる場所だと思います。
苔の緑も6~8月が鮮やかでキレイそうです。

拙ブログを今後とも宜しくお願いします!
[2012/10/24 00:28] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


ここはホント綺麗な峡谷ですね~?!
私もいつか行ってみたいと思っているのですが、
どうしても町並み優先でなかなか行けないです・・・
緑の谷の景色がとても印象的ですね!
でも往復がきつそう・・・
[2012/10/25 22:24] URL | MAG #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>MAGさま
まぁ峡谷は町並みと違って突然なくなったりしませんからね。
町並み優先で問題ないと思いますよ!
ここは期待を裏切らない、素晴らしい緑の世界でした。
ただ、やはり高低差はキツイです…(汗)
[2012/10/26 07:31] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/560-390e8940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)