懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.11 京都嵐山の紅葉 第3回 野宮神社、落柿舎
PB184417.jpg

天龍寺の北門を抜けて歩きます。
北門から続く小径から見える真っ赤な紅葉は天龍寺境内のものですね。

因みにこの小径、かの有名な「竹林の小径」なんですが、
なんと、私それを知りませんで…(汗)

PB184422.jpg

竹林キレイだなぁ、と思いつつも長男がはぐれないように気を配っていて、
写真をまともに撮っていませんでした。
あとから知って「え?そうなの?」となりましたが、まぁ仕方ないです。

PB184427.jpg

竹林の小径を抜けた先にあるのは、野宮神社です。
「のみや」神社と思いきや、「ののみや」神社と読みます。
やたら若い女性ばかり行列を作ってるなぁ、と思ったら、縁結びで有名なんだそうで。

PB184430.jpg

野宮神社から細道を北へ、JR山陰本線の踏切を渡ると、また竹林の径になります。

PB184431.jpg

でもここは「竹林の小径」として有名な道ではない、のでしょうかね?
調べてみても野宮神社から天龍寺北門までだけが竹林の小径のような感じです…。

うーん、個人的にはこっちの竹林の方が好きでしたね。
少し開放感がありますし、あと道が真っ直ぐ伸びてるのもイイです。

PB184449.jpg

次の目的地は決めておらず、化野念仏寺か祇王寺か常寂光寺か、どれにしようか悩みつつ…。

PB184451.jpg

道の右手に広い空地が現れ、その先に見えるのは落柿舎ですね。

PB184457.jpg

今回は望遠で撮影するのみ。名前のとおり、柿が成ってますね。
それにしてもここに広がる空地は何なんでしょう…?



続く

スポンサーサイト


コメント
嵐山花灯路
この界隈は、滋賀にいるとき、嵐山花灯路で毎年ライトアップを見に行きました。
昼間よりも夜のほうが行った回数が多いです。

このイベントも混むので、行くなら平日がお勧めです。
[2012/11/24 03:32] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: 嵐山花灯路
>ぞうまささま
夜のライトアップもあるんですね。
確かに夕方嵐山を離れる時に、嵐山に到着していた観光客も結構いたので、
そのためかも知れませんね。京都のイベントは何でも混みますよね。
平日に行ければ一番良いのですが…。
[2012/11/25 22:45] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/588-242e045a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)