懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 西四国周遊 第16回 小京都大洲散策 後編
PC235990.jpg

大洲散策の一応の目的地、臥龍山荘へ到着です。

臥龍山荘(愛媛県大洲市)
14年の年月をかけて1907年に完成した庭園付別荘。
建てたのは、明治時代の貿易商だとか。
大洲市指定文化財、尚且つ、愛媛県指定文化財になってます。

PC235993.jpg

臥龍山荘で有名なのはこの不老庵ですね。
肱川沿いの崖の上に建てられた特徴的な建築で、自然の木の幹を柱の一本として使っています。

PC235995.jpg

肱川の流れが目の前に。結構高度感があります。

PC235997.jpg

苔もキレイな庭園です。苔は春以降の方がもっと見応えがあるのかも…。

<基本データ>
営業時間:9:00~17:00 
休館日 :12月29日~31日
入館料 :大人500円、小人200円(中学生以下)
     大洲城との共通観覧券大人800円、小人300円

PC236001.jpg

もともとは16:19発の列車で次へ向かうつもりだったんですけど、
大洲の町があまりに楽しいので、これまでにかなりの時間を費やしてしまい、
臥龍山荘の見学を終えた時点で列車出発の20分前…。
まぁいいか、ということでもう一本後の列車へ予定をずらします。

臥龍山荘のスタッフの方がとても親切で、大洲散策のポイントをいろいろと教えて下さり、
それが後押しになったような感じもしますね。

PC236003.jpg

教えてもらった臥龍山荘の裏側の道を上って行くと、裏口から大洲神社に入ることができます。
高台の上に立つ大洲神社は、改修されたばかりでしょうか、けっこうキレイな外観でした。

PC236007.jpg

大洲神社の正面側からは大洲の町並みが一望できます。
お城も見えますね。

PC236013.jpg

おはなはん通りと呼ばれる水路がある通りです。
1966年、NHKの連ドラで放映された「おはなはん」のロケ地というのが由来。

PC236017.jpg

おはなはん通りのすぐ隣にある明治の家並み。
前回記事でも掲載しましたが、とても魅力的だったので今回も一枚アップしたいと思います。

PC236018.jpg

あちこちにカメラを向けながら、本町の町並みを歩きます。

PC236020.jpg

PC236024.jpg

PC236033.jpg

結局当初の1時間半を越え、2時間強もここ大洲に滞在してしましました。
とても惹かれる家並が印象的でしたね。
有名な地域以外にも、殿町商店街周辺の区画もグッとくるものがあった大洲。
最初は内子にしようかと思ってましたが、大洲を訪問して間違いは無かったな、と思うのでした。



続く

スポンサーサイト


コメント
塔は何かな?
と思って調べてみました。昭和燈っていう塔なのですね。
[2013/01/28 05:50] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

大洲
大洲のまち いいですね!
私は逆にこちらをパスして内子に行きました。内子もよかったですよ~
大洲は駅からまちの中心までかなり離れているので2時間は最低ラインでしょう。
次回ゆっくり時間を取って訪問したいですね。
[2013/01/28 10:33] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]


ますます懐かしいですよ まったくこのとおりのコースを歩きました
懐かしい街並みすてきです でもほんとに人影がなかったのを
思いだします ありがとうございます
[2013/01/28 17:03] URL | yoreyoreman #- [ 編集 ]


>ぞうまささま
昭和燈というんですね。
被写体としてなかなかの存在感でしたが、
もっとちゃんと見るべきですよね。反省です。
[2013/01/28 20:05] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


>ぷにょさま
相変わらずせかせかですいません(汗)
じっくり歩いたら一日が終わってしまいそうなほどイイ町並みでした。
内子もイイですよね。
中学の頃に行った四国旅行で少し歩きましたけど、
それも既に20年は前の話。
ネットでは写真を目にしますが、今の自分の目にどう映るのか、興味がありますね。
次に愛媛を訪れる時には内子は外せません。
[2013/01/28 20:13] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


>yoreyoreman さま
懐かしんで頂けてこちらとしても嬉しい限りです。
それにしても同じルートとは偶然ですね。
自分は臥龍山荘のスタッフさんに教わらなければ山荘からそのまま駅に戻ってしまってたでしょう。
[2013/01/28 20:17] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/629-4644c443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)