FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 西四国周遊 第17回 八幡浜、小薮温泉、伊予吉田
PC236047.jpg

伊予大洲からはお隣の八幡浜へと移動します。
青春きっぷの旅なので普通列車に乗るべきところですが、40分の待ち時間が惜しくて
特急に乗ってしまうあたり、まだまだ修行が足りません(苦笑)
まぁ距離が近いので乗車券260円と自由席特急券310円で計570円なんで安いですね。
何気に特急「宇和海」には初乗車です。

PC236048.jpg

特急「宇和海21号」に乗って、17:18、八幡浜駅に到着しました。

PC236049.jpg

中学時代に別府から夜行フェリーに乗って八幡浜に渡り、それから宇和島方面へ
旅をしたことがあるので、これで乗車済み区間が繋がったような感じがしましたが、
よくよく考えてみると、今回の旅松山~伊予市を乗り残したので全然繋がってないのでした…。

PC236051.jpg

大漁旗が印象的な八幡浜駅です。駅舎は天井が高くて開放的な印象。

PC236052.jpg

八幡浜駅(愛媛県八幡浜市)
1939年開業。愛媛西部の主要駅ではありますが、利用客数は減少の一途です。
八幡浜市の町は東西に長く、駅は東の端の方に位置していて、港からは2kmほど離れてます。

さて、この日の鉄道の旅はここにて終了となります。
八幡浜駅からは、人生初の駅レンタカーにて、しばらく車移動をすることにしましょう。
レンタカーを借りる、とはいえ、夕方17:30から翌朝9:30までという超短期間レンタルです。

PC236055.jpg

八幡浜駅から東へ車を走らせていると、国道56号沿いにある予讃線・千丈駅。
木造駅舎が残る駅としてチェックしていたんですけど、夜になると明かりが少なくて
写真に撮ってみてもあまり見映えがしませんねぇ…。
そして千丈駅が脳内では洗浄液に変換されてしまい、困りますね(笑)

PC236059.jpg

八幡浜から走ること約1時間、今宵最後の目的地である小薮温泉に到着しました。

小薮温泉は大洲市から肱川の上流方面へずっと走り、
川沿いから2kmほど山道を分け入った場所にある一軒宿。
あまりに周囲に何もないので、夜中に訪問すると寂しさが身に沁みます…。

PC236066.jpg

アルカリ性冷鉱泉。ヌメリ気は最初は感じたんですが、
体を洗った後にはあまり感じなくなってしまいました。

PC236067.jpg

一軒宿・小薮温泉の建屋は大正時代のものと推定されていて、
国の登録有形文化財に指定されています。

PC236071.jpg

あとはひたすら南下して、今宵の宿がある宇和島へ向かいます。
寒波が襲ってきているのか、山間部では降雪もあるなど若干波乱含みのドライブ。
途中思いつきで伊予吉田駅へと立ち寄ることにしました。

PC236073.jpg

特になんてことはないんですけど、伊予吉田駅をカメラに収めて投宿地・宇和島へとたどり着きました。

宿は宇和島ユースホステル。
相部屋には自分ともう一人徳島からお遍路めぐりをしている自衛隊員の方のみ。
酒を酌み交わしながら雑談に花を咲かせました。
これぞ正しいユースホステルの夜、といった感じでしたね。

長く引っ張ってますが、これで1日目終了となります。

次の日は暗いうちから行動開始しますよ~。



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/630-b11c6908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)