懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 西四国周遊 第21回 雪の宇和島~前編
PC246242.jpg

一体どこの雪山!?って感じの写真になりました。

岩松で雪がぱらついた時は「雪かぁ、寒いなぁ」くらいにしか思わなかったんですけど、
いざ宇和島まで車を走らせると、車内のローカルラジオからは大洲付近の高速が雪で通行止め
なんていうニュースも聞こえて来て、「ん?ちょっと本格的か?」と思いながら運転してました。

でも愛媛の南部は温暖、という固定観念があったのでそこまで深刻に考えてなかったんですよね。
それが津島町から宇和島に抜ける高速道路の無料区間を走っていると、あたりは一面の雪景色に…。
ホント、雪国みたいでしたよ~。こっちはノーマルタイヤですが…。

で、上の写真は宇和島ユースホステルへと向かう細道です。
宇和島のユースは市街地の南東部にある愛宕山という小高い山の上にあり、
車でのアクセスはかなりの急勾配&狭小路で、かなり山深い印象を与えます。

PC246243.jpg

ユースで無事に充電器と予備電池を受け取ります。
ユースのホストさんから、歩いてすぐの場所に展望台があって冠雪の宇和島城がキレイですよ、
と言われて「ほほう」と思い、雪のなか頑張って歩いて行ってみたんですが、
雪が激しすぎて手前の町並みまでしか見えずじまいでした…。残念。

PC246247.jpg

ノーマルタイヤで肝を冷やしながら麓まで下りて来ました。
せっかくの雪の宇和島、貴重な体験だと思うので時間はあまりありませんが、
できるだけ楽しむことにします…。

まずは愛宕山の麓にある、宇和津彦神社に立ち寄ります。

PC246250.jpg

宇和津彦神社は南予の一ノ宮として扱われていた神社で、
正式な創建年は不明ですが、800年代後半の書物にはその名が登場するほど長い歴史を有しています。

PC246252.jpg

新雪の石段を恐る恐る登って行きます。
そんな自分の姿を見守ってくれていた神社の方が上で微笑んでいらっしゃいました。

PC246255.jpg

宇和津彦神社の上から宇和島市街を望みます。
本来であればこの方向に宇和島城が見えるはず、なんですけどね。

PC246256.jpg

そんな宇和津彦神社、でした。
やっぱ雪と寺社は画になるなぁ…。

PC246257.jpg

宇和島は古い城下町が今も残る町。
今回のプランでは市内散策には時間をほとんど取っていないため、
残念ではありますがかなりさらっと見て回ることしかできません…。

PC246261.jpg

旧町名・鋸町。「おがまち」と読むそうです。
市内にはこんな旧町名を示す碑が散見されました。

PC246262.jpg

宇和島の方々もやっぱり通年ノーマルタイヤなんでしょうね、
市内を行く車はみんなトロトロ運転。まぁ安全第一ですからね。
そういう自分も雪道運転の経験はゼロですし、ノーマルタイヤですから
かなり神経を使う運転となりました。



続く

スポンサーサイト


コメント
雪?
宇和島で積もるほど雪が降るんですか!私も南国のイメージでしたが。
大阪でも積もらなかったのにねぇ。やっぱりレアなんでしょうか。

しかし、私は車は無理だなぁ~
免許はあるし一応運転はできますが、初めての土地で不意に
雪なんか降ったりした日には、動けなくなりそう。。。
[2013/02/05 14:02] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]


>ぷにょさん

自分も雪が「降る」のには動じなかったんですけど、「積もる」のは予想外でした。
見事に真っ白でまいりましたよ。
どれだけのスピードでどのくらい急ハンドルが不味いのか、よくわかりませんから。
恐らく地元の方も自分と同じ感覚だったんじゃないかと思います。
でも宇和島の雪、というのは貴重な体験だったなぁ、と思いますね。
[2013/02/06 10:50] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/634-b00c6d41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)