懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.10 阪急中津、ガード下の異空間
PA062892.jpg

超インパクトあるチャップリンの壁画が迎えてくれるのは、
阪急中津駅と国道176号の高架下への入口あたり。
この高架下にはかなりディープな空間がある、という情報は前々から掴んではいたんですが、
機会がなくてこれまで訪問できずにいました。

2011年2月に大分県の中津市を訪問する際に市内散策ネタを検索していたところ、
このチャップリンの画像が出てきたんですよね。とんだ中津違いですが。

PA062893.jpg

壁画の前にあるのは「中津芸術文化村 ピエロハーバー」というお店。
カフェ・レストラン&スタジオ&パフォーマンス・アート発信基地、だそうです。
陰気なガード下という立地もあり、怪しさ満点。

PA062894.jpg

ピエロハーバー前から、ガード下の一本道が続いて行きます。
このガード下の空間、かなりの規模ですよ~。
ほとんどは倉庫スペースになっています。

PA062901.jpg

ピエロハーバーの方を振り返っての一枚。
ひと気もほとんどなくかなり陰気です。夜の一人歩きは要注意、でしょうか?

PA062905.jpg

途中、高架下をくぐる道との交差点があります。
この旅館菊扇ってどこにあるんでしょうか?この高架下とは思えないし…。
っていうかそもそも現役??

PA062906.jpg

中津の異空間歩き、道はまだ奥へと続いて行きます。

PA062909.jpg

なんとビックリ、こんな通りにレストラン発見。しかも結構洒落てます。
まさに隠れ家的な…?知る人ぞ知る名店、とか?

PA062911.jpg

夜なのでガード下の倉庫街もシャッターが閉められていて寂しいことこの上なし。
最初は働いている人を多少見かけたんですが、ここら辺は完全に誰もおらず、
自分の足音だけが響きます。。。

PA062914.jpg

この交差点は分かりづらいですがロータリーになってます。
ここはもう淀川に近い場所ですね。中津浜交差点の下になるのかな…?

PA062916.jpg

そして交差点の先で真っ暗な壁に突き当たり、ガード下のディープストリートもお終いになります。
かなり暗いので写真を撮るのも一苦労。
こんなガード下の真っ暗な袋小路で写真撮影している自分も十分怪しいな、と思うのでした。

PA062920.jpg

チャップリンの壁画から端までだいたい300mくらいですかね。
期待どおりのディープな高架下歩きで御座いました。


スポンサーサイト


コメント
身近な異次元空間
なるほど、中津違いで知った場所ですか。
私もいろいろ検索していて発見すること多々あります。
[2013/02/28 03:00] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま

いろいろ簡単に情報収集できるいい時代ですね。
おかげで面白い場所をたくさん知り、訪問することができてます。
中津を調べた時は半分以上が大阪の中津の情報でした。
[2013/02/28 09:17] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/651-2a35ee17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)