FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.12 湯浅の古い町並みを歩く 前編
昨年12月、思いつきで1泊2日の温泉旅行に行って来ました。
行先は熊野古道・中辺路。以前から目を付けていたアイリスパーク女神の湯です。
今回から数回に分けてその旅行の写真をアップして行こうかな、と思います。

真っ直ぐ向かってもつまらないので、例によって寄り道を…。

PC085133.jpg

立ち寄ったのは、これまで幾度となく通り過ぎてきた湯浅の町。
湯浅駅の脇にある時間駐に車を停め、町歩きをスタートします。。。

湯浅駅(和歌山県有田郡湯浅町)
1927年、紀伊湯浅駅として開業、1965年に現在の湯浅駅に改称。
当たり前に特急停車駅というイメージだったんですけど、
特急が停まりだしたのは1980年からなんですね…。ちょっと意外。
駅舎は正面が少し加工された古い木造のものが使われてます。

PC085135.jpg

こちらが駅前風景。
駅前通りは線路に平行するように走っていて、古~い商店が並びます。
あまり活気は感じられなかったかな…。

PC085143.jpg

湯浅の町は比較的規模が大きく、戦災に遭っていない古い町並みが残ります。
駅はその湯浅の東側にあり、町歩きのスタート地点にはちょうどいい立地。正に玄関口といった感じ。

PC085150.jpg

湯浅駅から北西を目指して歩きます。
駅を背に右方面(北)へ歩くと、道は車も入れないような細めの路地になり、
レトロな感じの魅力的な風景が現れます。

PC085153.jpg

さすがは戦前から残る家並み。
この道を真っ直ぐ行くと湯浅小学校があります。(東を向いてます)

PC085157.jpg

毎日新聞の看板が超レトロ。

PC085158.jpg

人通りがそれなりにある通りになって来ました。
商店街と言っても良いですね、これは。

PC085164.jpg

ボロボロの木造家屋が立ち並ぶ筋が。どれも今は空き家の様子。
写真を撮っていると、崩れるかも知れないから気を付けるように地元の方から声を掛けられました。

PC085170.jpg

歩いて行くと、熊野古道の旧街道筋とぶつかりました。
十字路の角にあるのは、「立石の道町道標」。
緑色の銅の壁がキレイな家、その左側に伸びて行くのが熊野古道です。

PC085181.jpg

適当にふらふらと歩く湯浅の町。
そこかしこに惹かれる風景が。

PC085194.jpg

2009年、「文化庁・NPO による文化財建造物活用モデル事業」の一環で、
文化財である古民居の一部を改装して開館した「湯浅おもちゃ博物館」。

PC085195.jpg

かじや町、とありますね。
ここら辺はもう湯浅が誇る伝建地区(伝統的建造物群保存地区)の指定区域です。

PC085197.jpg

想像以上に歩きごたえのある湯浅、次回も続きますので宜しくお願いします。



続く

スポンサーサイト





コメント
湯浅の町はいいですね!
私も2年ほど前の秋、湯浅の町を歩きました。

その時の記事です。
http://zoumasa.way-nifty.com/zou/2010/10/f28-bb59.html
[2013/03/02 05:49] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま

ぞうまささんも過去に記事にされてたんですね。
しかも同じ道標を紹介されていたとは。
ホント、魅力的な町並みがこれでもかと現れる湯浅の町、
初訪問でかなり魅了されて来ました。
[2013/03/02 19:52] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/652-307e2d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)