懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第3回 福野駅の木造駅舎
P4285947.jpg

始発列車で城端までは行かず、少し手前の福野駅で途中下車します。
一度降りても、2便目がわずか20分後にやって来るので気楽に下車できますね。
ここを選んだのは、もちろん古い駅舎が残っているからです…!

P4285949.jpg

P4285950.jpg

福野駅(富山県南砺市)
1897年、城端線の前身である中越鉄道の駅として開業。
碧緑色のカラーリングが印象的な駅舎は、開業当初から使われ今も現役の木造駅舎です。
南砺市、という名前は馴染がない感じがしますが、2004年に合併で誕生してもう9年ですか…。
福野駅はその南砺市の中心地に位置しています。

P4285952.jpg

残雪の北アルプスを望む福野駅。

P4285953.jpg

2010年度、一日平均乗車人員は672人。
過去の変動を見ても、減らないどころか微増している感じでしょうか。

P4285954.jpg

P4285961.jpg

駅舎内のポスターには何故かデーブスペクター。

P4285958.jpg

P4285962.jpg

島式ホームを有する交換可能な福野駅。
朝の城端線は上り下りとも比較的運転間隔は短く、列車が到着すると乗降客で少し賑わいを見せます。
これくらい利用客がある路線でもJR西日本さんはバス転換を目論んでるんですかね…。。。

滞在約20分、6:32発の城端行きに乗り込んで、終点城端を目指します。

P4285965.jpg

福光駅で6分停車。
自分にしては珍しく、6分もあるのに列車内でボーっと座ってました。。。

P4285968.jpg

福光を過ぎると2駅で終点、城端駅に到着します…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/661-d48b4747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)