懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第8回 菅沼合掌造り集落
P4286117.jpg

初日のお昼は富山名物ますのすしでございます。
食べた場所は、東海北陸道にある城端SA併設の桜ヶ池ハイウェイオアシス。

高岡市内を歩いた後、高岡駅南側にあるマツダレンタカーさんでデミオ号をお借りしたのでした。
ということで、ここからはレンタカーでの旅になります。。。

ついさっき列車で来た城端をまた通るのも変な感じでした(笑)

P4286121.jpg

連続する城端トンネル(3,196m)と袴腰トンネル(5,939m)を抜けると、そこは世界遺産五箇山。
長いトンネルを抜けるとすぐ五箇山ICがあり、そこからすぐのところに菅沼集落があります。
上の写真は菅沼の駐車場に着く手前にあった国道沿いの休憩スペースから撮影した一枚。
合掌造りの民家と高速道路のミスマッチ具合がすごいですね。
まぁ高速に乗って来た自分が言うな、って感じですよね。

P4286125.jpg

国道156号沿いにある菅沼集落横駐車場に車を停めます。
保存協力金として普通車500円を支払います。
国道と駐車場は高台にあるので、合掌造り集落へは少し坂道を下る必要があります。

P4286126.jpg

坂を下る前に、菅沼集落を見晴らす展望ポイントがあるのですが、
それほど開放的な眺めではなかったかな、という印象。
枝が多いので夏には更に見える範囲が狭まりそう?

P4286127.jpg

五箇山・菅沼集落(富山県南砺市)
1995年に「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界文化遺産に登録。
9軒の合掌造り家屋が残る集落で、そのうち2軒が江戸末期に、6軒が明治時代に、
残りの1軒は大正時代に建てられたもの。

P4286130.jpg

今でこそ高速で気軽に来られる五箇山も、昔は陸の孤島で流刑地にもなっていたとか。
古くから養蚕業を中心に火薬の原料などを生産する山間の秘境だったそうです。

P4286142.jpg

4月も終わりの菅沼集落では見頃を過ぎた桜の木から、見事な桜吹雪が巻き起こる様子を
何度も目にすることができました。

P4286148.jpg

集落にある水田は桜の花びらで覆い尽くされ、素晴らしい景観に。

P4286152.jpg

P4286155.jpg

桜吹雪の撮影は難しいですね…(汗)
やはり背景は暗いものを持って来ないと全然伝わらなくて、現地で試行錯誤を繰り返してました。

P4286160.jpg

「菅沼集落」の碑を発見。観光用とは分かってますが記念に一枚。

P4286163.jpg

菅沼の集落を撮るなら恐らくこのアングルが一番だろう、と個人的に思った一枚でございます。

白川郷に比べて規模が小さく、狭い範囲に民家が集まってますので結構短時間でも見学可能かと。
一時間弱ふらふらと歩き回った後は、エレベーターで駐車場まで戻り、
次は同じく五箇山の合掌造り集落である相倉を目指します。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/666-1b765591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)