懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第11回 秘湯?庄川湯谷温泉
P4286271.jpg

やって来たのは、以前から気になっていた庄川湯谷温泉
庄川は「しょうかわ」ではなく「しょうがわ」、湯谷は「ゆや」ではなく「ゆたに」。
因みに富山県には湯谷温泉が2つあるのでご注意を。こちらは庄川湯谷温泉です。

P4286272.jpg

井波を出て国道156号から国道471号に入ってすぐ、小牧ダムのすぐ下流側にある湯谷温泉。
それなりに台数が停められる駐車スペースがあります。
そこに車を停めて1枚目の写真のバスの待合室の脇から坂道を下って行きます。
もしかしたら頑張ったらこの坂も車が上り下りできるのかも知れません…。

P4286273.jpg

坂道から目的の湯谷温泉が見えました。ここはダムの麓に湧く温泉。
温泉街なんてものはなく、「庄川湯谷温泉」を名乗る一軒宿があるのみ。
ただ、この温泉が温泉好きを魅了して止まないんですよね…。

P4286276.jpg

廃業した、という噂も流れるほど寂れた施設ではありますが、今も温泉には浸かれます。
ただ、冬季休業(4月のいつか再開)で尚且つ宿泊施設としてはもう営業されていないとか。
かつては4,500円で素泊まりできてたそうですが、それも辞められたのでしょうか?

やってなかったらどうしよう?という気持ちでしたが、幸い営業されているようで、
先客も2組ほどおられました。

P4286277.jpg

入浴は大人500円。完全セルフサービスですね(笑)
入浴は17時頃まで。毎週木曜は定休日だそうです。

それにしてもおつりがない場合はどうするんでしょうか???
千円札置いてけ、ってことでしょうか?

P4286279.jpg

長い廊下を抜けて浴室へと向かいます。
写真では分かりませんが、この廊下というかこの建物、大量のカメムシが這い回っています。
気を付けて歩かないと廊下で踏んでしまうくらいに…。

ネットで見た情報では、やはりこのカメムシの量が尋常ではないらしく、
それを理由に宿泊を断られた方もいらっしゃるようで…。

P4286291.jpg

建屋を抜けると更にコンクリ打ちっぱなしの外階段を下って行きます。
ここは小牧ダムのすぐ下。2004年、台風16号の被害を受けて古い浴室は壊滅したそうですが、
今は別の浴室が活躍しています。ただ、被害を受けた箇所は今でもブルーシートに覆われたまま…。

P4286285.jpg

そしてこちらが名物?の庄川湯谷温泉のお風呂でございます。

どうですか、この独房のような雰囲気は。
コンクリートに囲まれた空間にお湯の音だけがドバドバと響き渡っています。

P4286284.jpg

コンクリートの無骨な造りです。
階段を下りて行くとそのまま湯船になるので、洗い場などはなく、本当に浸かるだけ。。。
木枠のようなものがありますが、以前はここまでが湯船だったんでしょうか??
今は全部水没してしまってますが。

でもお湯は泡付きがとても良くて新鮮そのもの。湯温も熱すぎず、ぬるすぎず。
木枠を枕にして寝湯のような体勢でボーっとする至福の時。。。

湯船の中央部は深くなっていて、大人が立って胸あたりまで来るので水深1mくらいかな…。

P4286286.jpg

そしてここ庄川湯谷温泉といえばコレ(笑)

ここから止めどなく新鮮なお湯が供給されています。
それにしてもこの形状は何とかならんもんですかね…。

この管、壁の向こうの女湯の湯船と両方にお湯を吹き出していて、
中央部分を支点にシーソーのように動きます。

P4286288.jpg

持ち上げるとこんな感じに。すごい絵ですねぇ~。
コンクリの独房浴室に、どばどばとお湯の音が響き渡ります。

逆にこの管をお湯の中へ下げると、女湯の方がフィーバーする訳ですが、誰か居たら大変ですね。
遊ぶなら声掛けは必須でしょう。。。

P4286281.jpg

結局自分が入っている間は男湯も女湯も誰も来ず、完全に独り占め状態でした♪
お湯は極上で設備のインパクトもすごい庄川湯谷温泉、経営というか営業がずっと続いて行くのかは
疑問ですが、できればずっと残ってもらいたい変わり種温泉でした。

さて、もう初日も終わりが近づいて来ましたが、これからがこの日のメインイベントです。。。



続く

スポンサーサイト


コメント
カメムシ・・・
温泉は惹かれますが、カメムシの館とは、、、私もそれを聞くと即中止です。
ゴキブリより嫌いですから~~鳥肌!
[2013/03/29 08:58] URL | ぷにょ #- [ 編集 ]


>ぷにょさん

温泉は新鮮で本当にイイんですけどね~。
カメムシの数は冗談抜きで洒落にならないくらい多いんで仕方ないですねぇ。
[2013/03/30 11:20] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/669-1d466b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)