懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第20回 比良駅跡と鵜川駅跡
P4296567.jpg

国道249号沿い、穴水町にあるのがこちら、「ボラ待ち櫓」。
その名のとおり、ボラの群れがやって来るのを上から見ながら待つという、何とも原始的な漁法です。
さすがに今はこの漁法は廃れてしまっており、今は観光用の櫓が立つのみ…。

P4296573.jpg

穴水町の中心部は今回はスルー。次回のと鉄道の旅でゆっくり訪問することにします。
そのまま国道249号を西進して行くと、何やら駅らしい物件が目に入ったのでちょっと立ち寄りました。

P4296569.jpg

比良駅跡(石川県鳳珠郡穴水町)
2005年に廃止になった、のと鉄道能登線の駅。
国道から100mくらい脇道に入ったところにある駅で、対面ホームが残っています。

P4296571.jpg

Wikipediaでは「近くにある中学校の生徒で活況を呈した」との記載がありますが、
その中学校も能登線が廃止になった2年後の2007年に閉校となってしまったようです。

P4296574.jpg

とても寂れた感じのする比良駅周辺でした。
駅跡から国道を挟んだ反対側に少し住宅が集まったエリアがあるようでしたが…。

P4296576.jpg

比良駅跡を後にして引き続き国道249号を進みます。
旧能登線は比良駅から海岸沿いのルートを採っていたんですが、国道はしばらく山の方を通ります。
曽山峠を越えて国道が再び海岸沿いに出るところにあるのが、鵜川集落。
そして鵜川集落にも駅跡があったので立ち寄りました。

P4296577.jpg

鵜川駅跡(石川県鳳珠郡能登町)
比良には無かったブロック造りの立派な駅舎が残っていますが、鵜川駅の表示は見当たらず…。
扉は固く閉ざされていて、内部の様子を窺い知ることはできませんでした。

にしても立派な駅舎ですねぇ。のと鉄道能登線における急行停車駅だったことからも、
この鵜川がこの辺でも大きめの集落だということが分かります。

P4296579.jpg

駅舎の脇からホームの方へ行くことができました。
草ボーボーの荒れ放題です。春先だからこれで済んでますが、夏になったらすごそうです。

P4296585.jpg

ホームに横たわる名所案内板。。。

P4296586.jpg

P4296587.jpg

レールも外され、草に埋もれた駅…。
何とも形容しがたい寂しさを感じるばかりです。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/678-eb9a2900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)