懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第21回 鵜川集落から矢波駅跡
P4296588.jpg

鵜川駅跡に続いて、鵜川の集落内へと入ってみます。
ここら辺では比較的大きめの集落になっているようです。

P4296590.jpg

海辺に残された船が寂しげでした。
この時はゴールデンウィークの始まり。鯉のぼりの季節ですね。

P4296592.jpg

鵜川集落、海辺の風景。

P4296595.jpg

ウミネコがたくさん。。。

P4296598.jpg

鵜川集落内にある菅原神社。

P4296602.jpg

P4296603.jpg

調べてみると、鵜川は能登町においては宇出津に次ぐ規模の集落なんだそうです。
観光客には無縁の港町に、古い家並みが残っていました。

P4296604.jpg

鵜川から更に西へと進むと、国道沿いにある七見駅跡
かつてのホーム上にあった待合室がそのまま今はバスの待合室として使われています。

P4296606.jpg

廃線跡にはレールはありません…。
ここは3セク化の後に新設された唯一の駅だったんですが、設置後わずか10年で廃線に…。

P4296610.jpg

そしてこちらは矢波駅跡
少し高い位置にあるホームからは、国道を挟んで海がよく見える気持ちのいい駅です。

P4296613.jpg

ホームから集落への出入り口。矢波駅に駅舎はなく、ホームに待合室があるのみ。
駅周辺は小さな集落が形成されています。

P4296612.jpg

「奥能登の 未来を築く のと鉄道」の看板。今となっては朽ちていくのみ…。

奥能登ドライブはまだまだ続きます!


続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/679-0b8cfd3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)