懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第23回 能登の軍艦島
P4296642.jpg

走っていて見つけた片面ホーム。
だだっ広い田畑の向こうに佇むのは、恐らく九里川尻駅跡かと思われます。
遠くから望遠で撮影するのみで、近づかなかったので詳細不明点…。

P4296647.jpg

一応観光名所にも立ち寄ります。

見附島(軍艦島)(石川県珠洲市)
能登路随一の観光スポットと言って良いでしょうね。
空海が佐渡からやって来て最初に見つけたから「見附島」という伝承もあります。
軍艦島は形状からそう呼ばれるんでしょうけど、どうしても軍艦島と言うと長崎の印象が強い…。

⇒ 2011年2月 長崎・端島(軍艦島)訪問の記事

P4296646.jpg

浜辺から見附島に向かって岩場の道が続いています。
さすがにこれは人工的に作られた道かと思って調べてみると、やはりそうですね。
1948年に整備されたそうです。
道の左手の浅瀬に立つ鳥居も印象的です。

P4296648.jpg

なんとなく人の顔っぽく見えますね。

P4296649.jpg

せっかく来たので島の方まで歩いて行ってみることにします。

P4296651.jpg

よく見ると細かい穴が無数に空いてますね。これ、珠洲市特産の珪藻土でできてます。
というより、この道を形成する岩はもともとは見附島の一部で、
過去に崩れた欠片を集めて敷き詰めたのがこの道なんだとか。

長年の地震や風雨の影響で、見附島はどんどん小さくなって来ているそうです。
今のこの姿もずっと保たれる訳ではないんですね。。。

P4296657.jpg

見附島まで渡れるのかと思いきや、島の手前で道が途切れました…。
それでも前を歩いていた小さな女の子は満足げに両手を突き上げていて、
その姿に何か和みましたね。。。

P4296660.jpg

見附島(軍艦島)の観光はこの辺にして、奥能登の更に奥地へと向かいます。



続く

スポンサーサイト


コメント

いよいよ能登半島先端の珠洲市に入りましたね!

半島先端のレポートも楽しみです。
[2013/04/14 17:39] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>ぞうまささま

やっとこさ珠洲市って感じですけどね…。
もう少しで半島の先端です。お付き合い宜しくお願いします!
[2013/04/15 21:57] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/681-625ee502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)