懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2012.4 北陸春の旅 第30回 白米千枚田と、ねぶた温泉
P4296865.jpg

曽々木から国道249号を進むと道沿いにあった道の駅・輪島塩。
国道沿いにいきなり塩田が現れたので思わずパチリと。
揚げ浜式製塩法、というらしいですね、こういうのは。

P4296873.jpg

さて、やって参りました。
一日続けて来たこの能登半島ドライブの終点になります。

P4296889.jpg

白米千枚田(石川県輪島市)
棚田百選の一つ。数ある日本の棚田の中でも有数の規模を誇ります。
「白米の千枚田」として2001年、国の名勝に指定されています。
因みに読みは「しろよね」だそうで、「はくまい」ではありません。
(でも漢字変換は「はくまい」でしてます。。。)

P4296880.jpg

棚田好きを自負する自分としましては、絶対に外せないスポットです。
まぁ中国雲南省で見た規格外の棚田に比べると規模は小さいんですけどね。
何というか日本の棚田には日本の良さがある訳ですよ。。。

P4296884.jpg

前にも書きましたが、最初は輪島を通り過ぎて大沢集落や上大沢集落の間垣を見に行く予定でした。
ただ全然時間が足らないことに気づき、鰐崎集落で間垣を見ることができた時点で、
ここ白米千枚田を最終目的地に設定したのでした。

P4296890.jpg

海へと落ち込む棚田。絶景と言って差し支えないように思います。
京都の伊根のあたりにも同じように日本海沿いの棚田がありますが、
棚田の状態はこちらの方が良いように感じましたね。

P4296896.jpg

白米千枚田からすぐの所にある輪島ねぶた温泉・能登の庄さん。
こちらが今宵のお宿…、だと良いんですが、あいにく違います(苦笑)
ここの温泉がなかなかのヌルヌルっぷりとのことで、日帰り湯を楽しみました。
お宿としては自分の感覚では高級な部類に入るため、宿泊は…、いつかできるでしょうか??

<日帰り湯 基本データ>
営業時間:9時~22時
入浴料 :15時までに入れば700円、15時以降は800円
定休日 :なし (年中無休)
ph値  : 10.5

お湯は残念ながら循環でしたが、ヌルヌル感は確かに強く感じました。
これが源泉掛け流しだったらもっとすごいんでしょうかね…。
露天風呂もありますが、目の前が国道のため眺望はありません。
地域の連絡放送が外から聞こえて来て、それをボーっと聞きながら一日の疲れを癒すのでした。

P4296907.jpg

はい、そしてこちらが旅2日目の夕食。
旬のホタルイカの釜揚げと地酒・銀嶺立山。一緒に口に含むとメチャクチャ美味です。

で、この夕食をどこで食べたかと言うと、高岡市内です…。
風呂の後、輪島から一気に高岡まで戻って来たという…。
せっかく癒した身体を酷使してしまいました。まぁ、いつもの事と言えばそれまでですが…。

何はともあれこれにて旅の2日目は無事終了。
次は最終日の3日目になります!



続く

スポンサーサイト


コメント

最後は輪島から高岡までのドライブ、最後は、ハードなスケジュールになりましたね。

次の機会は是非能登で1泊してください。
[2013/04/24 05:30] URL | ぞうまさ #- [ 編集 ]


>ぞうまささま

仰るとおり、次回は輪島あたりに一泊したいですね~。
実際に走ってみて実感しましたが、やはり能登半島はデカイ(笑)
輪島から高岡に戻るだけでも大変でした…。
[2013/04/25 15:53] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/688-19cdb78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)