FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2009.12 青春18きっぷで行く 北陸一人旅 第4回 氷見で晩ごはん
北陸一人旅、初日はまだ続きます。

高岡を出た氷見線は市内を北上。高岡・伏木は北陸地方最大規模の貿易港であり、工業地帯でもあります。
そんな工場や倉庫が立ち並ぶ裏を走り抜ける気動車。
自分の仕事で付き合いのある社名とかが出てきて旅行気分台無しだったり…。

伏木から先は富山湾のすぐそばを走る海路線になりますが、あいにくの天気な上にもう夕方でかなりの薄暗さ。
冬の日本海側ってのはこんなもんなんでしょうかね。
雨晴海岸から見える立山連峰の絶景を思い描いていただけに、非常に残念。
雨晴駅前には見えない時の為、かどうかは知りませんが、非常に良くできた絶景パネルがあるようで、
他のブログで拝見したところ、そのパネルを撮影しても実物っぽく見えてしまうなんともインチキ優れものだそうです。

という訳で、一切写真を撮る事もなく終点・氷見駅へ到着。
まぁ車内で昆布巻つまみにビール飲んでたからってのもありますが…。

PC260311.jpg

乗ってきたハットリくん柄の列車です。

こじんまりとした氷見駅を出ると、もうかなり暗くなって来てました。
氷見滞在は約2時間。お目当てはブリと氷見うどんですが、少し時間が余りそうなのでハットリくんらの銅像が並ぶ商店街まで軽いお散歩を。

氷見は藤子不二雄の片方の出身地(もう一人は高岡出身)ってことで、ハットリくん列車も走るし、市内に銅像もあるらしい。
でもどうしてドラえもんとかではなくハットリくんなのかは不明です。

PC260312.jpg

ポストの上にハットリくん発見です。
駅から15分近くかかりました…。自分歩くの早い方なんで、結構遠いですよ。。。

PC260314.jpg

再び駅前付近へ戻ります。戻る途中にお寺を見つけてちょいと一枚。
このように賽銭箱の上あたりに合掌造りのような雪避けがあるのは雪国ならでは、と思います。(違ったらすいません)

さて、駅前付近に戻った後はいよいよ夕食です。
お世話になるのは「小川屋食堂」さん。
自分が一番客だったみたいですが、ネットでも紹介されていた元気なおかみさんが印象的でした。

PC260315.jpg

PC260316.jpg

寒ブリの刺身に地魚の天ぷら、氷見うどんに銀嶺立山。
最高の組み合わせですな。これで2000円程度(お酒は別)。
このあと無料で白海老までサービスしてもらい、お酒ももう1本追加でかなり良い気分になったのでした。


もう一日が終わりそうですが、まだ終わりません。
ちょいと野暮用があって富山駅を目指します。

PC260320.jpg



つづく
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/7-2ca124e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)