懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2013.3 万博鉄道まつり2013
P6178247.jpg

今回は今年3月23日、万博記念公園で開催された「万博鉄道まつり2013」の写真です。
あ、でも最初の3枚と最後の1枚は昨年6月と8月に行った時の写真になります…。
たしか万博公園の写真はアップしてなかったので、まとめて載せさせて頂きます。

P6178250.jpg

1970年の大阪万国博覧会のシンボル・太陽の塔。
今となっては浦沢直樹作の「21世紀少年」のイメージが強いせいか、
おどろおどろしく見えてしまいます…。

P6178260.jpg

太陽の塔は「芸術は爆発だ!」で有名な?岡本太郎氏の作品です。

P3230870.jpg

太陽の塔の裏側には広いイベントスペースがあって、そこが会場です。
こんなミニ阪急電車や、ミニ新幹線が走っていて子供達に大人気。
うちの長男さんも大興奮でした。

P3230875.jpg

広場では関西近辺を走る各鉄道会社がテントを立てていて、記念グッズなどを販売。
かなりマニアックな展示ながら、なかなかの盛況っぷりでした。

広場の外れにあったステージでは鉄道アイドルの誰かがやって来るとのことで、
大きな男の子?らがカメラ片手にその時を待ちわびているようでした。
家族連れで賑わう広場でこの一角だけかなり異彩を放っていたように思います(笑)
撮影は自粛させて頂きました…。

P3230899.jpg

万博公園内にあるEXPO'70パビリオンという展示館では、
鉄道風景画家の松本忠さんの個展が開催中。
正直、自分はこの時まで松本さんのことは知らなかったんですが、
展示を見てかなり惹き込まれてしまいました。

(上の作品は今は亡き有田鉄道の終点・金屋口駅の情景)

P3230900.jpg

たくさんの作品が展示されていましたが、どれも郷愁を誘う情景ばかりで、
個人的にストライクど真ん中でしたね。

(上の作品は、JR大村線・千綿駅の情景)

P3230902.jpg

松本忠さんの作品の絵葉書が多数あったので思わず3枚ほど購入…。
(上に写真をアップした2作品は購入した絵葉書です)

この3枚を選ぶのも一苦労したくらい、好みの作品が多くて困りました。
しかも、この日は松本さんご本人が館内で作画の実演中。
絵葉書も松本さんご本人から直接購入しました。

思いつきで訪れたイベントで知るところとなった鉄道風景画家・松本忠さん。
これからちょっと気になる存在になりそうです。

P3230909.jpg

子供連れだったので、汽笛を鳴らさせてもらえるコーナーや、パンタグラフを
立てたり畳んだりできるコーナー?なんかをハシゴしてました。

P8089334.jpg

まぁこんな感じで万博鉄道まつりネタはお終いです。

写真は昨年8月のもので、茨木市の花火大会の様子を万博公園前で見た時のもの。
太陽の塔、夜はまたひと際いかついですね…。

スポンサーサイト


コメント
またお邪魔しました。
毎日お邪魔しております。
北陸の旅行記を見終えたところです。
ねじまきさんの言葉を借りれば…
“ストライクど真ん中”沢山あって
あっちのページ、こっちのページと
うろうろさせていただいてました。

万博鉄道まつり 
大きな男の子?さん達にはたまらないお祭りでしょうね。

私も、松本忠さんの風景画 見とれてしまいました。
ねじまきさんの写真が風景画になったようですね。

私はその場にいなくて本当に良かった…
後先考えず全部買ってしまいそうです。
お邪魔しました。
[2013/05/10 15:14] URL | あひる時 #- [ 編集 ]

Re: またお邪魔しました。
>あひる時さま

たくさん拍手を頂いたようで、有難う御座います。
他の方に情報提供するのが第一目的のブログですんで、
見て頂けるだけで嬉しいです。

松本忠さんは風景写真をもとに風景画を模写されていましたが、
さすがに私の写真では力不足かと思います(汗)
それでも感覚が似てたりするんでしょうかね。
各作品とも魅力的で、自分も自制して3枚にしましたが、もっと買っててもおかしくなかったです。
まぁうちの嫁さんから叱責されるのが目に見えてますので…(笑)

[2013/05/11 09:43] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


こんばんは。
松本忠さんの素晴らしい絵のタッチ、どっかで見た気が、と思ったら
廃線直前の「くりはら田園鉄道」で買った小冊子にもイラスト掲載されてました。
これは僕もお邪魔してみたかったしご本人にもお会いしてみたかったです!
…が、鉄道如何に関わらずイベントが嫌いというかニガテな僕は
自力で見つけて足を運ぶことは不可能でした(泣&ジレンマ)。
[2013/05/13 01:56] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]


>Kyo-to さん

自分も普段ならこういうイベントには行かないんですけど、
「子連れで」という制約が付くと立派な候補地になるわけでして。
今回のは電車の中吊り広告で知った次第です(笑)
詳細もあまり調べずに現地入りしたので、松本忠さんとの出会いは偶然でした。

幅広く活躍されてるみたいですね。
当のご本人は物腰の柔らかい方でした。
作品と同じ雰囲気をご本人がまとっているような。
[2013/05/13 12:26] URL | ねじまき #/lTXP5f2 [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/702-229976bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)